赤ちゃんが風邪を引いた時の対処法

LINEで送る

赤ちゃんの風に注意風邪は、赤ちゃんの最もかかりやすい病気の一つです。

多くの種類のウイルスや細菌などに感染することで起きる病気で、

鼻水やのどの痛み、咳、発熱、頭痛といった全身症状が見られます。

風邪をこじらすと、気管支炎や肺炎などを引き起こす可能性もあるので、

軽く考えずに、安静と休養を心がけ、早めの治療を心がけましょう。

 

 

赤ちゃんが風邪を引いた時の症状別対処法

発熱があるとき

発熱があるときには、衣類での調整・水分補給・熱を冷ますことが大切です。

・衣類での調整
発熱の初期の段階では、1枚多く着せてあげましょう。
背中や首元など、汗をかいてきたら、肌着を変えてあげて、
服を1枚脱がせ薄着にしてあげましょう。
・水分補給
発熱は、赤ちゃんの体内水分を奪います。
湯冷ましを与え、水分補給してあげましょう。
欲しがる分だけ、与えてあげましょう。
・熱を冷ます
冷えピタなどの、冷却シートで、
おでこをはじめ、首筋や脇の下、太ももの付け根など、
太い動脈が通っている箇所に貼るのも、おすすめです。

せきが出るとき

せきが出るときは、和らげてあげて、楽な姿勢をさせてあげましょう。また、室内の湿度にも気を使ってあげましょう。

・せきを和らげるには
背中をさすったり、軽くたたいてあげることで、せきが和らぎます。
また、体を立てて、抱っこしてあげることもお勧めです。
・楽な姿勢
のどに、たんがたまらない様に、また、呼吸がしやすいように、
楽な姿勢にしてあげましょう。
上半身を起こしてあげて、背中にタオルやクッションなどを入れてあげましょう。
・湿度の調整
せきが出るときは、室内の乾燥には気を付けましょう。
加湿器を置いたり、洗濯ものを室内で干すなど。
喉が乾燥するとせきが出やすいので、飲み物も与えます。
そのとき、冷たいものは席を誘発するのでNG、常温の飲み物で。
鼻水が出るとき
鼻水が出るときは、鼻水を取り除いてあげましょう。
また、鼻水を和らがせるために、室内の湿度に気を付けましょう。
・鼻水の取り除き方
鼻水吸い取り器や、お母さんが口で吸って取ってあげましょう。
・鼻水が出るのを和らげる方法
室内の湿度に気を付けましょう。
加湿器や、洗濯物を干し湿度を高めましょう。
目安は60~70%くらいに。
水分も適度に与えてあげます。

風邪のひきはじめのお知らせ

風邪のウイルスは、ほとんどの場合、鼻やのどの粘膜から侵入します。

感染によって、炎症反応が起こり、

鼻水・鼻詰まり、のどの充血や痛み、咳が出る、痰が絡むといった症状が出ます。

また、一般的に高熱が出てのどが痛い、微熱や鼻水が続くなど、

いくつかの症状を伴うものが多いものです。

高熱や激しい咳などの、全身症状が強くなってきている時には、

体ではウイルスを撲滅する為の抗体 ができ始め、

ウイルスとの闘いが体の中で始まります。

鼻水や咳は、熱が下がった後もしばらく続くことはありますが、

多くの場合、症状は自然に少しずつ良くなり1週間程で治ります。

赤ちゃんは、言葉で辛さや症状を訴えることができませんが、

元気がない、食欲が低下する、機嫌が悪くなってぐずるなどのサインを出すので、

見逃さないようにしてあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page