赤ちゃんが泣く原因

LINEで送る

赤ちゃんが泣く原因「赤ちゃんが、どうして泣くのか?」

分からなくて困ったことはありませんか?

赤ちゃんが泣くのには、必ず原因があります。

その原因を見つけて、解決してあげることが必要になります。

どのような原因で、泣くのか考えてみましょう。

 

赤ちゃんが泣く原因

赤ちゃんが泣く原因は、

「体の問題」と「心の問題」大きく2つに分かれます。

 

体の問題

<お腹が空いている>

ミルクをあげた時間と量から推測しましょう。

 

<暑い・寒い>

汗をかいていたり、寒そうな格好していないか確認しましょう。

 

<うんち>

オムツをチェックしてみましょう。

 

<苦しい>

便秘やゲップが出ないなどで、苦しくなってしまうことがあります。

 

<体が痒い>

虫刺されや湿疹などが、辛いという訴えです。

 

<病気の前触れ>

風邪などの病気になりそうという、体調の悪さの訴えです。

体温や食欲などで、様子を見て、病気の症状が出るようなら病院へ行きましょう。

 

心の問題

<生まれたばかりで外の環境に慣れない>

お包みなどで、子宮に似た環境を作り、

ゆらゆらと抱いてあげましょう。

 

<泣きグセ>

抱いてすぐ泣き止む場合は癖になっています。

 

<眠い>

眠る前は、体が暖かくなります。優しく抱いて寝かせてあげましょう。

 

<つまらない>

自分の思い通りにいかなくて泣いてしまうことがあります。

その子によって違うので、難しいかもしれませんが、

興味を満たしてあげましょう。

 

<夜泣き>

夜と昼を勘違いして起きてしまい、

部屋が暗く、近くに親がいないことに戸惑い泣いてしまいます。

睡眠の周期が安定するまで、辛抱が必要です。

 

泣き止ませる方法

体の問題は、原因を解決することで治まります。

心の問題は、優しく抱いてあげましょう。

それでも、泣き止まない場合に試してみて下さい。

子宮の中にいた頃を思い出したり、

初めて見る興味で泣き止んでくれます。

・ビニール袋をガサガサこする

・テレビのザーっと言う音を聞かせる

・掃除機・ドライヤーの音聞かせる

・麺をすする音を聞かせる

・歌を歌う

・耳の中を指でくすぐる

・サングラスをかけて見せる

・鏡を見せてみる

 

赤ちゃんが泣く原因が分からなくて、

親として辛い思いをすることもあるかもしれません。

しかし、赤ちゃんには必ず愛を持って接して下さい。

あなたにしか甘えられないから泣くのです。

赤ちゃんにとって、あなたは唯一の存在なのですから。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page