赤ちゃん・幼児とおしゃぶり

LINEで送る

赤ちゃんのおしゃぶり実は、赤ちゃんや幼児のおしゃぶり利用については、

いろいろな論議がされています。

最近は、ファッションの影響などもあり、

おしゃぶりを与えている親が増えてきています。

子供を育てる親から見れば、便利な育児用品ですが、

親子の触れ合いが大事な時期に、

口をふさぐことは良いことなのでしょうか?

赤ちゃんや幼児のおしゃぶり利用について、考えてみましょう。 

 

おしゃぶりをする理由

機嫌直し

寝ぐずりや、機嫌が悪い時に、泣きやませるために、

おしゃぶりを使うこともあると思います。

しかし、子供が泣くのには理由があります。

何か不快なことや、不安なことがあるからです。

一時のぐずりは治っても、根本的な解決にはなりません。

「泣くから、おしゃぶりで大人しくさせる」ということではなく、

「どうしてダメなのかを教える」ということが重要なのです。

 

「まず自分の気持ちを訴えさせる」

          ↓

「それを親が聞き、理由を説明をする」

          ↓

「子供が理解し、納得をする」

 

という流れを持ちましょう。

あくまでも自主性や自己主張の気持ちは潰してはいけません。

 

おしゃぶりのメリット・デメリット

メリット

・精神的安定

・泣き止む、静かになる

・ママのストレス減少

・入眠がスムーズ

 

デメリット

・習慣性になりやすい

・長時間の利用で噛み合わせの悪化

・発語の機会の減少

・あやしたり、ふれあいの減少

 

おしゃぶりは上手に利用しよう

おしゃぶりの使い方

・言葉を覚えたり、喋り始める1才頃には、常用のおしゃぶり使用はやめる

・遅くても3才位にはおしゃぶりはやめる

・おしゃぶりを使用している間も、声をかけたり、一緒に遊んだりして触れ合うこと

 

赤ちゃん・幼児のおしゃぶりの利用は、

本当に静かにしないといけない場所や、

かなりひどい寝グズリ・夜泣きの場合のみの利用が良いでしょう。

短時間・短期間の上手な使い方をすることが重要です。

そして、同時に根本的なぐずりの原因を探ったり、

言い聞かせをすることが大事です。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page