赤ちゃんのアトピー

LINEで送る

赤ちゃんのアトピー痛痒みや、イライラにずいぶん悩まされる「アトピー」。

新生児のアトピーや乳児湿疹は、ほぼ全ての赤ちゃんに現れます。

「ならないようにするには」と考えるより、「なった時にどうするか」を考えていきましょう。

今回は、赤ちゃんのアトピーについて紹介していきます。

 

アトピーとは

「アトピー性疾患」や「アトピー性素因」と言われ、

アレルギーが原因で現れる症状の総称です。

ひどくなったり良くなったりを繰り返し、

顔や首、胸、ひじ、ひざなどに多く見られます。

新生児は汗をかきやすく、皮膚のバリヤー機能が弱いため、

肌と肌が擦れる事で刺激を受け、湿疹として現れます。

肌が弱い事が一番の要因です。

アトピーの症状が現れるのは、生後4ヶ月頃からです。

 

アトピーの症状

耳の裏側や耳たぶ、ひじ、ひざなどの関節部分の皮膚が切れ、

ジュクジュク状態になるのが特徴です。

また、円形の「貨幣状湿疹」も赤ちゃんに多い症状です。

とにかく、皮膚が弱いという弱点を補うようにしていく事が重要です。

熱いお風呂に入れたり、石鹸でごしごしと洗ったりはしないようにしましょう。

 

原因は至るところに

アトピーの原因としては、

汗やホコリ、ダニ、空気の乾燥、食物に対するアレルギー反応、化学物質などです。

はっきりした原因は不明だと言われていますが、

慢性的に続く、我慢のできない皮膚の痒みが現れるのが特徴です。

体調や環境などが影響して、アトピー性皮膚炎を引き起こします。

 

冬生まれの赤ちゃんはアトピーが多い!?

実は、寒い時期に産まれた赤ちゃんは、

暑い時期に産まれた赤ちゃんよりも、アトピーが多いです。

なぜかというと、冬の寒さから、赤ちゃんの皮膚の水分が減少し、より乾燥しやすくなるためです。

夏より汗もかかなくなるので、肌はガザガサになる一方です。

皮膚の水分がなくなる事と、湿疹の悪化は密接な関係があります。

冬生まれの赤ちゃんは、念入りに皮膚の保湿をし、冬の乾燥には注意しましょう。

 

治療法の正解

乳児湿疹(乳児アトピー)や、アレルギーに関しては、多くの持論が上がっています。

「ステロイドを使えば(使わない方が)治る」

「石鹸は使った方が(使わない方が)が良い」

「食事制限はした方が良い(しなくても)良い」

などの正反対の意見があるのです。

このように正反対の意見を正しいと述べる人がいるため、

治療法に正解はありません。

それぞれの行為によって、治った新生児がいるという事です。

乳児アトピーは、ほとんど年齢と共に治るものであり、

大きく誤った事をしなければ、どのような治療や経過を辿っても、ゴールは同じです。

皮膚の成長を待つ事から、長い時間を必要としますが、

体質と付き合っていくつもりでいましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page