赤ちゃんの黄疸~原因と対処法~

LINEで送る

赤ちゃんの黄疸

あなたは黄疸を気になった事がありませんか?

赤ちゃんをお持ちのお母さんなら、一度は気になった事があるかと思います。

黄疸は、どうして発症してしまうのでしょうか?

今回は、黄疸の原因と対処法をご紹介します。

 

黄疸って何?

赤ちゃんが発症する黄疸は、新生児黄疸といって、

生後2,3日で発症し、数週間で収まります。

症状としては、赤ちゃんの顔や白目の部分が黄色くなったりします。

約9割の赤ちゃんが発症すると言われているので、

あまり気にし過ぎることはありませんが、

あまりにも長く続いたり、症状が酷いようですと、

医師に観てもらう必要があります。

 

黄疸の原因は?

赤ちゃんの黄疸は胎児の時と、生まれてからの生活の変化によって生じます。

胎児の時は、成人と比べ赤ちゃんの赤血球は1.5~2倍ほど多く、

生後数週間で赤血球の値が落ち着いてきます。

この多かった赤血球は、生まれたことによって不必要となり、

不必要な分は脾臓で破壊されます。

この時、脾臓で破壊された赤血球の中のヘモグロビンが、

黄色い色素のビリルビンとなって赤ちゃんの肌や目に現れることにより、

黄疸という症状が発症するのです。

 

黄疸の対策

前述した通り、赤ちゃんの黄疸発症率は約9割に昇ります。

なので、あまり心配する必要はなく、症状が軽い場合は、

軽く日光を浴びるだけ症状がよくなります。

これは黄疸の原因のビリルビンが紫外線によって破壊される為です。

ですが赤ちゃんの皮膚は弱いため、日光浴の時間は医師と相談して、

その時間をしっかりと守るようにしましょう。

また、母乳のみで赤ちゃんを育てる場合、

他の子に比べて黄疸が長引く事があります。

これを母乳性黄疸といいます。

この黄疸の場合はあまり心配は要りません。

 

 

このような場合は要注意!

普通の黄疸はあまり心配する必要はありませんが、

黄疸は悪化し過ぎると後遺症が残る恐れがあります。

黄疸と一緒に下記のような症状が出た場合には、

すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

  • ・赤ちゃんがミルクをあまり飲まない
  • ・元気がない
  • ・黄疸がお腹や足まで広範囲に渡り発症している
  • ・うんちの色が白っぽい灰色やクリーム色になっている場合

 

赤ちゃんの黄疸はみんなが通る道です。

必要以上に心配する必要はありませんが、

あまりにも症状が重かったりした場合は、医師に相談してみましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page