勉強のやる気を引き出す3つの魔法

LINEで送る

やる気を引き出す魔法勉強をし続けるためには、継続的な「やる気」は必要不可欠です。
ところであなたは、その「やる気」がどのように発生するのかはご存知ですか?

色気のない話をしてしまえば、
やる気というのは、脳の真ん中にある側坐核という所が働くことで、脳内物質が分泌することによりやる気が出てきます。
側坐核は脳の真ん中に左右に一つずつある器官で、刺激を受けるとやる気が出るのですが、
自分自身がやる気を出そうと思ってもなかなか働いてくれません。

では、どうすればこの側坐核を活発に働かせることが出来るのか?

答えは...
「実際に行動に移す」という事です。

脳内の側坐核は、作業をすると興奮して活発に動き出す事により、やる気に繋がります。
これを、「作業興奮」といい、これを利用することでやる気を起こさせるのです。

 

「作業興奮」を利用することで、やる気を引きづり出す3つのコツ

(1)まずは少しでも行動に移す

続きを読む…

英才教育を行うための5つの秘訣

LINEで送る

英才教育「賢い子に育ってほしい」「一流企業に就職させたい」と考える両親は多いのではないでしょうか。     
よくスポーツ選手などは小さいころから練習していたなどの話を聞きますが、ある専門家によると、
頭のよさは先天的(遺伝)なものから50%、後天的(教育)なものから50%ぐらいの割合で決まるらしいです。

つまり、教育次第で誰でも天才になれるということです。

英才教育というと少し前までは、ごく一部の熱心な両親が、子供の将来のために運動や勉強において早い段階から徹底した指導を行うことを指していました。
しかし今では、英才教育は一種の世界的流行のようで、特に韓国や中国では、国語ではなく英語を胎児の頃から教えているなど、教育をしっかり考える方が増加していることがわかります。

続きを読む…

Return to top of page