部活動の顧問がいない?

LINEで送る

部活動の顧問近年、中学校における部活動の存続が危ぶまれているそうです。
理由としては、顧問教員の移動や生徒そのものの減少もさることながら
顧問を引き受ける教師がいないということが原因のようです。

■顧問がいなくて部活動が廃止

少子化についてはさまざまなメディアで報道されていますから
子供の数そのものの減少による問題点は理解はできるかと思います。
しかし、部活動を指導する先生の異動などが理由で
部活が失われてしまう現象があることに、大変驚きます。
もちろん先生自身が過去に行っていた部活の顧問になれるかはわかりませんし
スポーツが苦手なのに運動部の顧問になってしまうこともあります。
そんな引き受けにくい環境が顧問がいない現象を生んでいるようです。 続きを読む…

中学生の野球大会で大切な事

LINEで送る

中学生の野球大会
最近の少年野球の試合におけるマナーの悪さが問題に上がっています。

野球だけに限ったことではないですが、試合における一番大切なこととはなんでしょうか?
チームでの勝利、技術面の向上、チームワークの強化。
それらのすべてが大切なのはもちろんです。
ですが、何よりもフェアプレー・マナー遵守の精神ではないでしょうか。

フェアプレーとはどういうものなのか

まず、ルールの正確な把握とそれを守る意識です。

スポーツにはいくつものルールがあります。
各競技ごとにあるルールをしっかりと勉強し、守ろうとすることがフェアプレーの一歩でしょう。 続きを読む…

中学生のサッカーは部活か、クラブチームか

LINEで送る

中学生のサッカー中学時代のサッカーは「部活」 と「クラブチーム」に分かれます。
今は小さな子供たちも、将来サッカー界をにぎわすスターになるかもしれません。
そんな時に気になることは、部活でやらせるのか、、クラブチームに入れるのかということです。
一時の運動としてとらえるだけなら、そこまで深く考える事は無いのですが
サッカーを進路として真剣に考えているならここでの選択が
大きなウェイトを占めるのはわかっていただけるかと思います。

比較的、部活のサッカーレベルは低く、クラブチームレベルは高いと思われています。
違いはなんなのでしょうか。 続きを読む…

中学生の野球部員が、試合で実力を発揮する為に必要な事とは?

LINEで送る

中学生の野球部員野球部に属している中学生は「うまくなりたい」「強くなりたい」「試合で勝ちたい」と思って
練習に励んでいるかと思います。
ですが、どんなに練習をしても実際の試合で実力を発揮できなければ意味がありません。
その為に必要なことはそれは精神面の強化と、基礎体力の徹底です。
試合での心のコントロールは、勝利にも大きな要因を占めます。
また、心も持ち方で練習の際の質も効果も上がることでしょう。
いったいどうしたらよいのでしょうか。

緊張を抑える方法として呼吸法の見直し

呼吸は緊張すると浅くなったり止まったりして体を硬くさせます。ガチガチの状態ですね。
解くためには深い呼吸を意識することです。
リラックスすることを心がければ体は必然と柔らかくなります。普段から呼吸は深くと意識しましょう。
また、足をしっかりと地に置くことも重要です。
体の重心を真ん中から下に置き、浮ついた状態にはさせないように注意することです。 続きを読む…

Return to top of page