勉強のやる気を引き出す3つの魔法

LINEで送る

やる気を引き出す魔法勉強をし続けるためには、継続的な「やる気」は必要不可欠です。
ところであなたは、その「やる気」がどのように発生するのかはご存知ですか?

色気のない話をしてしまえば、
やる気というのは、脳の真ん中にある側坐核という所が働くことで、脳内物質が分泌することによりやる気が出てきます。
側坐核は脳の真ん中に左右に一つずつある器官で、刺激を受けるとやる気が出るのですが、
自分自身がやる気を出そうと思ってもなかなか働いてくれません。

では、どうすればこの側坐核を活発に働かせることが出来るのか?

答えは...
「実際に行動に移す」という事です。

脳内の側坐核は、作業をすると興奮して活発に動き出す事により、やる気に繋がります。
これを、「作業興奮」といい、これを利用することでやる気を起こさせるのです。

 

「作業興奮」を利用することで、やる気を引きづり出す3つのコツ

(1)まずは少しでも行動に移す

続きを読む…

子供の視力低下を防ぐ、たった2つの予防

LINEで送る

 

視力検査の場面近年、近視の低年齢化が進んできています。小学校低学年のみならず、幼稚園児の年長でも、近視を発症しているのです。

その背景には、携帯型ゲーム機やテレビゲームの普及がもっとも大きな原因になっていると言われています。

視野のせまさ、まばたきの減少、長時間の目の緊張、強烈な光・・・ゲーム機に熱中すると、本や参考書を読むのとは、比較にならないほどの目の負担になります。
その上、子供は勉強にも励まなければなりません。つまり勉強も遊びも、日常の大半が近くのものをみる「環境」になってきているのです。

 

これでは急激に視力が低下してもおかしくないですよね。
しかも子供の視力は、大人の3倍以上のスピードで進行していきますので注意が必要です。

 

今回は視力低下を防ぐ、2つのポイントをお伝えしたいと思います。

続きを読む…

Return to top of page