子供の将来!? 職業ランキング

LINEで送る

子供の将来子供のころに描いた将来の夢。
みなさんはどんな夢をおもちでしたか?
現実になっていますでしょうか?

子供の夢を叶えられたら素敵ですよね。
ここではそんな思いをお持ちの親御さんにちょっとした参考になればと思い、子供の将来就きたい職業ランキングを御紹介します。

 

 

 

◆将来就きたい職業

2012年度のアンケートによるベスト3の職業を
この場を借りてご紹介いたします。
男の子
1位 スポーツ選手
2位 警察官
3位 運転士・運転手

続きを読む…

赤ちゃんの靴のサイズの測り方

LINEで送る

赤ちゃんの靴のサイズ赤ちゃんがつかまり立ちをし、ようやく歩けるようになると、そろそろ「靴」が必要になる時期です。
あなたは赤ちゃんの適切な靴のサイズや時期がいつごろなのかご存知ですか?
ということで、今回は赤ちゃんの靴選びのポイントとともに注意点をご紹介します!

初めての!赤ちゃんの靴のサイズの選び方

赤ちゃんの足の大きさを測り、ちゃんと合っているサイズを選ぶことが大切です。
ただし、靴のメーカーによっても多少大きさなどもかわってくるため以下の5つに気を付けてみてください。

 

 

①踵がしっかりしている
②底がきちんとした位置で曲がりやすい
(靴にもよりますが踵から足長の60~65%くらいの位置で曲がるもの)

続きを読む…

自転車に子供が乗れるようになる話題の練習法

LINEで送る

自転車に子供がのれるようになる方法子供のころの「自転車の練習」で、みなさんどのような思い出がありますか?

補助輪がなかなか外せず、ひとりで苦労した方もいれば、あっという間に乗れるようになった方もいらっしゃると思います。実は今では、その「補助輪を外す」ステップが時代遅れなのはご存じですか?
 今回は今話題の子供の自転車の練習法をご紹介いたします。

話題の「自転車に子供がのれるようになる」方法!!

【補助輪と一緒に●●を外してしまう!】

 今話題の自転車の乗り方が、「補助輪とペダルを外してしまう」練習法です。実は、すでにペダルも補助輪もついていない自転車が売っているくらい、この方法は話題なのです。
 そもそも、なぜ子供が補助輪を外した自転車になかなか乗れないかというと
「補助輪に頼りすぎてしまい、自分でバランスが取れいていない」からです。そこでこのペダルなし練習ができたのです。補助輪もペダルもつけないことにより、両足で自転車を蹴るしか進む方法はありません。そこで両足を離したときに「バランス感覚」を身に付けることができます。これにより、幼稚園に入る時期には自転車に乗れるようになる可能性があるのです!

続きを読む…

ダンボールハウスを子供と一緒に作ってみよう!

LINEで送る

段ボールで遊ぶ

 

 

 

 

 

 

秘密基地として遊んだり、お店屋さんごっこやおままごとをしてあそんだり。
狭い場所で遊ぶのが好きな子供にとってダンボールハウスは、いい遊び場になると思います。

今回はダンボールを使ってできる「ダンボールハウスの作り方」をご紹介します。
かかる費用も少なく、丈夫で長持ちするのでぜひ作ってみてください!!

子供とダンボールハウスを作ってみよう 

ダンボールを選ぶ際の注意点

スーパーやコンビニなどでもらった段ボールや、古い段ボールは使用しないようにしましょう。
段ボールは、保温性が高いためゴキブリの絶好の住処になります。

きちんと管理していれば問題ないですが、卵等を産みつけられていたら最悪です。
心づもりとして、ほんの少しお金がかかる遊びと思って、
きちんと購入することをオススメします。

ダンボールハウスを作るために必要なもの

■用意するもの
・はさみ
・カッター(大きなカッターのほうが使いやすいですが、
 100円均一のものは刃がすぐ使い物にならなくなります)
・木工ボンド(ホームセンターで購入した方がお得です)
・プラスチックボトル(100円均一で売っているもので十分です。
 この中に木工ボンドを入れて使用します)
・粘着テープ
・三角定規/直線定規(直線定規は50㎝くらいの長いめがいいです。
三角定規も出来るだけ大きめのものを用意しましょう)
・筆記用具(シャープペンよりも鉛筆の方がいいです)

続きを読む…

子供の長所の見つけ方4か条

LINEで送る

長所の見つけ方

 

「お子さんのいいところを、10個あげてください。」と言われたら、あなたは何個あげられますか?

 

10個あげられますか? 人はもともと悪いところを見つけるのは得意ですが、いいところを見つけるのはそれほど得意ではないので、
5個ぐらいまではすらすらと言えても、10個となるとちょっと考えてしまうかもしれませんね。

 

そこで今回は、子どものいいところの見つけ方についてお話ししましょう。

 

  子どもの長所の見つけ方4か条

続きを読む…

Return to top of page