中学生の修学旅行は観光型ではなく体験型へ

LINEで送る

中学生の修学旅行修学旅行には、楽しい思い出・悲しい思い出それぞれあると思います。

みなさんはどこに行きましたか?

関東近辺だけでみると、以前の公立の中学では、

京都・奈良などの近畿地方への旅行先が多く、

学習目的が主であったのですが、

最近の修学旅行事情は少々変わってきているようなのです.

 

中学生の修学旅行には、実施基準というものがある

各地区で違いますが、自治体からの実施基準というものがあります。

旅行期間は72時間、実施学年は3年生などというものです。

そしてもちろん、共に全員が参加できるものである、

というのが大前提にあります。

旅行先の選び方はアンケートによる学校が多く、

毎年行き先が変わることもあるようです。

最近では海外への旅行も増えていましたが、

感染症やテロ、暴動など様々な情勢を考えて、

国内旅行にあえて変更するなどの動きもあり、

状況は年々変化しています。

 

みんなで一緒にぞろぞろ歩く…は以前の話?

ポイントとして大きく上げられるのは、

バスを連ね全員一緒に行動し名所を巡る観光ではなく、

少人数のグループに別れ、自ら課題や目的を決め行動する体験型が主流になっています。

決められたコースを回り、なんとなく見学して終わるということになりがちなものを、

生徒の自己責任で主体的に行動させたいという意向があるようです。

 

自由化による課題

一方、自由になることで、金額の高騰やリスク対応の困難などの課題も見えてきます。

ある程度自由なことで出費がかさむことは目に見え、

保護者に膨大な負担を強いることになり、

最近の生徒は大部屋で皆で一緒に寝る、いわゆる雑魚寝を敬遠する所があるようで、

ホテルなどの選択が必須となることも問題視されています。

 

中学生の修学旅行の定義

生徒の希望を尊重する結果、どうしてもレジャー感が強まる傾向になるのは否めません。

たとえば遊園地などで過ごすことが修学旅行としてはふさわしいことなのか、

疑問詞の声もあるようです。

限られた時間の中で学習の部分と遊びの部分の両方を、

バランスよく担う旅行を作り上げることが大事なのです。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page