中学生へのダイエットの影響

LINEで送る

中学生のダイエットの影響あなたの子供は、「太ったから痩せたい」「可愛くなりたいから細くなる」

などと言ってませんか?

中学生になると、体も成長してきて、

小学生の時以上に、容姿が気になる年頃だと思います。

しかし、中学生の過度なダイエットは危険です。

今回は、中学生へのダイエットの影響について紹介します。

 

なぜ太るの?

簡単に説明すると、食事をして、摂取したカロリーが、

消費されずに残ってしまった時に太ります。

消費するには、運動での消費や、基礎代謝を上げる必要があります。

基礎代謝とは、普段の生活の中で、体の維持に使われるエネルギーです。

人によって基礎代謝は違うので、食生活の乱れも太る原因になります。

 

(摂取カロリー)-(消費カロリー)-(基礎代謝)=(残ったエネルギー)

 

ありがちな太る原因

・一日三食、規則正しく食事をしない

・夜遅い時間に食べる

・間食をする

・外食が多い

・食事の栄養のバランスに偏りがある

 

中学生に及ぼすダイエットの影響

中学生の時期は、体が一番成長する時期です。

筋肉の発達やホルモンの分泌を妨げるような、

過度なダイエットをすることはとても危険です。

 

肌が荒れる

たんぱく質や脂肪が不足して、血色が悪くなり肌は荒れてざらざらになる。

 

毛深くなる

エネルギーが足りないとに体温の維持が難しくなるため、

体毛が生えやすくなります。

 

抜け毛

髪の毛はたんぱく質で出来ています。

タンパク質が足りないと、ツヤが出なくなり、抜けてきます。

 

生理不順になる

女性ホルモンの分泌が減少し、生理不順になります。

 

胸が小さくなる

胸は脂肪で出来ています。

エネルギーが足りないと、胸の脂肪は、

エネルギーとして使われやすいため小さくなります。

 

骨粗しょう症になる

カルシウムが足りないと、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

 

健康的なダイエット

食事

一日三食、規則正しく食事をしましょう。食べ過ぎは厳禁です。

間食をしたくなる気持ちもあると思いますが、

頻度を少なくする気持ちが大切です。

食事中は、水をたくさん飲み、ゆっくり噛んで食べることで、

満腹中枢が刺激されやすくなるので、

食べる量を減らしやすくなります。

 

運動

可能な限り、運動はしましょう。

徒歩での通学や、部活動、習い事など、

意識して運動することで消費カロリーを増やしましょう。

 

子供が無理なダイエットに取り組んでいたら、その影響を教えてあげて下さい。

健康的な生活の中で無理なくダイエットすることが、子供のためにもなります。

毎日体重を計り、意識を高めるだけでも、ダイエットの効果は上がります。

子供の頃は、特に健康的に生活することを、意識付けて下さい。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page