育児用語大辞典

LINEで送る

沢山の本あ行

あせも

頭、首、腕の関節、おむつがある下腹部、股など、汗をかき蒸れやすい部分に出来ます。
赤ちゃんの場合は、大人よりも症状が出やすいので早めに対処しなくてはなりません。
おむつ替えや入浴時に、しっかりと確認し、出来ていたら早めの対処をしてあげましょう。

赤ちゃんがえり

赤ちゃん返りとは、これまでに出来ていたことをできないと主張したり、
嫌がったり、怖がったりすることです。主に2歳以降の子供に、よく見られます。

赤ちゃんの肌着

赤ちゃんの肌着とは、肌に直接着る下着のことです。
月齢や成長ごとに様々な形の肌着があります。
汗を吸収しやすく肌にあまり刺激の少ない素材を使っている肌着が良いです。

アセトン血しょう嘔吐症

アセトン血しょう嘔吐症とは、2歳から6歳の子供に多く起こりやすく、顔色が悪くなり、
激しい嘔吐を繰り返す症状で、特に男の子に多いようです。

アトピー

アトピーとは、乾燥した肌に多く、かゆみが現れる皮膚炎です。
肌をこする日が続く時はアトピーを疑いましょう。
乳児の場合は、口・頬・頭部に赤い湿疹ができます。

苺状血管腫

生後に発症する苺状に膨らんだ赤あざです。
日本では、赤ちゃんの約1割程度で発症します。

インフルエンザ

インフルエンザウイルスによっておこる症状で、
急な発熱は38度を軽く超え、悪寒・咳・嘔吐を伴う事もあります。

内祝い

赤ちゃんが生まれた時に、お祝いをくれた方へお返しする贈り物のことです。
お宮参りを目途で送るのが普通のようです。

嘔吐下痢症

嘔吐下痢症とは、ウイルス性の胃腸炎で、嘔吐を繰り返した後、下痢の症状が出てきます。
熱は37度から39度でます。乳幼児の場合、脱水症状に注意してください。

太田母斑

太田母斑とは、顔の片側の目の周りから、頬にかけて現れる青褐色や赤褐色のあざのことです。

お食い初め

お食い初めとは、百日祝いとも呼ばれ、赤ちゃんが生まれて100日経った記念に、
今後、食べ物に困らないようにと願う行事です。また、離乳食の一歩とも捉えられています。

おたふくかぜ

おたふくかぜとは、下頬がおたふくのように腫れて発熱を伴う病気です。
現在は1歳以降に、予防接種を受けることができます。

おねしょ

おねしょとは、睡眠時に、無意識に排尿してしまう事です。
成長するとともに減り、中学生になる頃には、自然と治っていることがほとんどです。

お宮参り

お宮参りとは、住んでいる土地の守り神に、赤ちゃんの健やかな成長を願う行事です。

おむつかぶれ

おむつかぶれとは、おむつにより、肌が蒸れたり、
排せつ物で刺激を受けて赤ちゃんの肌が赤くなることです。

か行

外陰膣炎

外陰膣炎とは、小陰唇から膣の入口にのあたりが赤く腫れあがり、
強い痒みや痛みを伴う炎症。雑菌などの細菌の繁殖により、炎症が起きます。

鵞口瘡

鵞口瘡とは、「カンジタ菌」により、
赤ちゃんの口内や股が白くなる症状で白いカスなどが付着します。
赤ちゃんは、抗生物質の副作用で口内に現れる事もあります。

果汁

赤ちゃんの離乳食の初めに活用する飲み物です。果物をそのまま絞ったりしたものを指します。

風邪

何百種類のウイルス感染による鼻腔や咽頭等(上気道)の炎症によっておこります。
風邪の症状は、感染経路が多くあり、感染源によって変わります。

川崎病

川崎病とは、全身の動脈の血流に炎症がおこる病気です。
原因不明の発熱や唇の腫れ、手足の先が赤く腫れるなどの症状がおこります。

カンガルーケア

カンガルーケアとは、生まれた子供を母親の胸に抱いて、
密着させることで結びつきを強める事です。
生まれた子供を抱くことで、母親と体温を合わせ一定に保つことが出来ます。

かんしゃく

かんしゃくとは、子供の成長過程で起こる表現方法です。多くは、2歳前後から始まります。
一人ひとりの性格や環境、体調によって様々な行動を起こします。

気管支喘息

気管支喘息とは、年齢に関係なく起こり、何かしらのアレルギー反応により起こる症状です。
幼児期では、1-2歳で多く見られます。

血尿

血尿は、尿の中に赤血球の異変が尿に現れたもので、尿に血液が混じった症状です。
幼児では、腎疾患によるものが多いです。

急性中耳炎

急性中耳炎は、高熱や細菌などで突然起こる、耳の異常です。
見た目だけでは分からないですが、感染すると赤く腫れます。

急性扁桃炎

急性扁桃炎とは、ウイルスによって、のどが赤く腫れあがり、
38-40度近くの高熱と喉の痛みが出てきます。
発熱は3~4日ですが、完治には1週間かかります。

ぎょう虫

ぎょう虫とは、白い小さな虫で、
人間の盲腸に寄生して、寝ている間に肛門に出て卵を産みます。
家庭内感染・集団感染に注意が必要です。

ク-イング

ク-イングとは、赤ちゃんの「あー」「うーうー」などの声の事です。
一般的には、泣き声以外の発声がク-イングです。

クラミジア肺炎

クラミジア肺炎とは、特有の肺炎のひとつで、高熱がでない肺炎で、
クラミジアトラコマティスは赤ちゃんに感染しやすいです。

クループ症候群

クループ症候群とは、ウイルスやアレルギーが原因で、
声帯付近に炎症を起こし、特徴的な咳が出ます。
特に、夜に発症しやすく、急性喉頭炎とも呼ばれます。
特徴的なのは、犬の遠吠えのような咳がでることです。

下痢

下痢とは、何らかの体調不良から、ゆるい便が液状になり出てくる症状です。
子供の場合は、ウイルス感染によることが多く挙げられます。

誤飲

赤ちゃんの誤飲とは、興味本位で口に誤って入れ込んでしまうことです。
乳児期に多く誤飲は死因の大半を占めています。

口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは、体調が悪い時などに、できる水ぶくれのことで、
唇の周りにできて、悪化するとミルクが飲めなくなる場合もあります。

さ行

さかさまつげ

さかさまつげとは、内向きにまつ毛が生えてくることで、眼球を傷つける症状です。

サーモンパッチ

サーモンパッチとは、新生児の約3割に見られる症状で、生後間もなく現れます。
主に血管の発育異常が原因であざのように見えます。

産後うつ

産後うつとは、出産後の母親におきる鬱の症状で、
経度だとマタニティーブルーと呼ばれています。

ジフテリア

ジフテリアとは、ジフテリア菌が飛沫感染しておこる危険な疾患です。
感染すると、心筋炎など、全身広がり症状があらわれ、生死にかかわります。

しゃっくり

赤ちゃんのしゃっくりは、オムツ・体温変化・ミルクが原因で起こると言われています。
授乳後に多く見られます。

斜視

斜視とは、片方の目線がずれ、別の方向を見ている状態のことです。内斜視と外斜視があります。

小児糖尿病

小児糖尿病とは、子供の時に発症した糖尿病で、
血糖値が通常よりも高い状態が続き、血液中に溢れる病気です。

しらみ

しらみとは、フケににた卵を産み付けて、繁殖したもので、
子供は、夏場にプールなどで、感染します。

食育

食育とは、食事を通して、栄養補給以外にも、生涯の豊かな人間形成を促すことです。

初乳

初乳とは、赤ちゃんが生まれてから、数日間でる母乳のことです。
タンパク質が多く含まれており、免疫力が沢山含まれています。

新生児

新生児とは、生後28日未満の赤ちゃんことを指します。
生後7日未満の赤ちゃんは、新生児の中でも早期新生児と呼ばれています。

新生児黄疸

新生児黄疸とは、生まれた赤ちゃんが、生後2-3日経つと肌が次第に、
黄色く変化していくことです。自然と消えるので心配はいりません。

新生児にきび

新生児にきびとは、生後2週間から3ヶ月以内にできるニキビの事で、
額や頬にできることが多いです。
傷つけない限り、ほとんどは、自然に消えます。

新生児メレナ

新生児メレナとは、ビタミンK欠乏症による消化器官の出血のことです。
代表的な症状としては、吐血と血便で、茶褐色の場合が非常に多いです。

髄膜炎

髄膜炎(ずいまくえん)とは、インフルエンザなどの菌が、
赤ちゃんの髄膜に侵入して繁殖する病気です。
症状としては、高熱、食欲低下、頭痛などが挙げられます。

先天性股関節脱臼

先天性股関節脱臼とは、女の子によくみられ、
股関節が通常の位置からずれたり外れる病気です。

鼠径ヘルニア

鼠径ヘルニア(そけいへるにあ)とは、足の付け根に、
腸などが一部飛び出している症状の事です。男の子に多い病気です。

卒乳

卒乳とは、赤ちゃんがミルクなどから、離乳食を中心とした食事に変えていくことです。
期間はそれぞれ違いますが、赤ちゃんが欲しがらないようになれば、卒入完了です。

た行

大泉門

大泉門とは、頭蓋骨の発達が不十分のため、
おでこの真ん中の髪の生え際より少し上の方にある、ひし形をした隙間の部分のことです。

胎便

胎便とは、生後に出る、緑黒い色をした便のことです。カニババ、蟹屎とも呼ばれています。

胎便吸引症候群

胎便吸引症候群(たいべんきゅういんしょうこうぐん)とは、
胎便に汚染された羊水が口にはいることで起こり、
産後に呼吸をしようとして、呼吸困難を起こします。

脱水症状

脱水症状とは、体の80%程が食欲不振や下痢、
発熱などの理由で、水分が減ることです。進行しすぎると、命に関わります。

卵アレルギー

卵アレルギーとは、卵を摂取することで起きるアレルギー症状のことです。
魚卵でアレルギーを起こす赤ちゃんもいます。

端午の節句

端午の節句とは、5月5日に行う、男の子の立身出世と健康を願ってお祝いする日のことです。
地域によっては6月5日に行う所もあります。

腸重積

腸重積(ちょうじゅうせき)とは、腸の一部が他の腸にめり込んでしまうことです。
便が真っ赤なジャム状の場合は腸重積の可能性が高いです。

つかまり立ち

つかまり立ちとは、赤ちゃんが何かにつかまって立つことです。
赤ちゃんの成長速度は様々なので、遅くても心配はいりません。

手足口病

手足口病とは、夏に流行しやすい病気で、発熱・手足の発疹が特徴的です。
乳幼児に多く見られます。

低体重児

低体重児とは、体重が2500g未満の赤ちゃんのことです。
体重が十分にない赤ちゃんは、感染症などにかかりやすいです。

とびひ

とびひとは、傷口から感染し、強い痒みと細菌を含む水泡が特徴的です。
感染力が非常に強いため、集団感染するので、登園が出来なくなります。

床上げ

床上げとは、産後1ヶ月をめどに、体を休めていた状態から、
徐々に育児をしながら家事をはじめることです。

な行

難聴

難聴とは、通常よりも聴力機能が働いていない状態のことです。
赤ちゃんの難聴は、生まれつきの場合が多いです。

乳歯

乳歯とは、永久歯に生え換わる前に生え揃う歯のことです。
乳歯は、永久歯よりも少なく、全部で20本です。

乳腺炎

乳腺炎とは、産後に乳腺が炎症を起こして、痛みや発熱を伴う病気のことです。

尿路感染症

尿路感染症とは、尿道が細菌に感染され、炎症を起こす症状のことです。
赤ちゃんから3歳までに多く見られる症状で、高熱が出て、発熱を繰り返します。

認可保育園

認可保育園とは、親が仕事で子どもの養育ができなく、
身近に代わる養育者がいない子どもを預けることができる、
一定の基準をクリアした保育所のことです。

寝返り

赤ちゃんの寝返りとは、自力で回転して反転できるようになることです。
早い赤ちゃんで、2ヵ月くらいで出来る様になります。

熱性けいれん

熱性けいれんとは、乳幼児に多くみられ、発熱したかと思うと、
突然白眼をむいて、けいれんすることです。体調が良くないときにおこりやすいです。

ノロウイルス

ノロウイルスとは、感染性胃腸炎のことで、嘔吐や便が緩くなることが多いです。
赤ちゃんの場合、おむつをすぐにかえるようにしないとすぐにまた、
ノロウイルスにかかる場合が多く見られます。

は行

はいはい

はいはいとは、両手両足をつけて、一緒に動かして、自ら動く動作の事です。
赤ちゃんによって、個人差はありますが、6ヶ月から10か月頃に始めることが多いです。

初節句

節句とは、赤ちゃんにとって初めての節句を初節句と呼びます。
女の子は、3月3日、男の子は、5月5日にこれからの健康や成長を祈ってお祝いします。

パラシュート反射

パラシュート反射とは、自分の身を守る行為のことで、自分の身体が倒れそうになったら、
手をつくなどのことです。運動神経の発達とともに、できるようになります。

人見知り

人見知りとは、赤ちゃんが知っている人以外の人に対して、極度の注意を払う行為です。
自分の知らない人に対して、身構えて、母親などに頼ります。

雛祭り

雛祭りとは、3月3日にお雛様を飾って祝う節句のことです。

肥満細胞症

肥満細胞症とは、からだに肥満細胞が異常に蓄積され、皮膚に塊を作ります。
乳幼児の場合は、症状が出ても、自然消滅することが多いです。
しかし、成長しても治らない場合は、治療が必要です。

肺炎球菌ワクチンとHibワクチン

肺炎球菌ワクチンとは、肺炎球菌が子どもの髄膜に入り、
細菌性髄膜炎を引き起こすことを予防するワクチンのことです。

百日咳

百日咳とは、急性気道感染症のことです。
激しく起こる咳の発作が特徴的です。生後6ヶ月以内だと死亡率が高いです。

鼻涙管閉塞

鼻涙管閉塞とは、涙の通り道が狭いために、涙などが溜まって、多く出てきてしまう症状です。
赤ちゃんはよく泣く為、気付きにくいですが、
常に目が潤んでいる場合は鼻涙管閉塞を疑いましょう。

貧血

貧血とは、赤血球に含まれるヘモグロビンの不足によるもので、
めまいなどが起きてしまう症状です。
鉄分やビタミンB12や葉酸などの要素が必要です。

風疹

風疹とは、小さな赤い発疹が首から広まり、
発熱・咳やリンパ節の腫れなどの風邪に似た症状を伴うことがあります。
子どもの病気としては軽い方です。

プール熱

プール熱とは、プールで感染する事が多く、アデノウイルスが接触感染して、
高熱や喉の痛み、目やになどの結膜炎を併発する病気です。

へその緒

へその緒とは、胎児と母体の胎盤を繋ぐ組織のことです。
へその緒は、酸素と栄養を送る赤ちゃんにとって大切な供給ラインです。

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナとは、乳幼児に多い夏風邪のことです。
特徴としては、39度前後の高熱と水泡による喉の痛みがあります。

便秘

便秘とは、便が蓄積されて、排出できないことで、
一般的には排便の回数が、週2回以下の場合は便秘を疑います。

蜂巣炎

蜂巣炎とは、皮膚の下の組織が、細菌に感染しておこる化膿性の炎症のことです。
初めのころは、軽い違和感のみですが、
ひどい場合は、発熱、悪寒、関節痛を伴うしこりができます。

哺乳瓶

哺乳瓶とは、赤ちゃんに授乳するための道具のことで、
母乳を与えられない時に、代わって授乳することもできるため、非常に便利です。

母乳

母乳とは、ホルモン分泌によって、
作られる血液を主原料としたもので、赤ちゃんの主な栄養源です。

母乳パッド

母乳パッドとは、母乳が出てくる時に付けておくと、
衣類などに染みないようにするものです。
毎日、数回取り替えて、清潔さを保つことが理想です。

母乳マッサージ

母乳マッサージとは、授乳を与えやすい体質に変えるために、
マッサージで柔らかくし、母乳の出を良くすることです。

ま行

麻疹

麻疹とは、風邪症状に似て、鼻水や咳がでます。また、38度以上の高熱がでます。
特徴的なのは、小さい白斑が出来ることです。
赤ちゃんは、体力も抵抗力も低いので、脱水症状に気を付けましょう。

マタニティブルー

マタニティブルーとは、妊娠期、または出産後に起こりやすい、
一時的な感情変化で、子育てをちゃんとできるのかなどの自信が無くなります。

水いぼ

水いぼとは、いぼの中のウイルスによってできる紅色の丘疹のことです。
ウィルスを含んだ液体が、皮膚につくと感染してしまいます。
そのため、掻き毟らないようにしましょう。

水ぼうそう

水ぼうそうとは、赤い発疹で強い痒みを伴うのが特徴です。
潜伏期間は2.3週間ほどで、体の柔らかい部分から発症し、全身に広がります。

虫歯

虫歯とは、口の中の細菌により溶かされてしまう事です。
一度虫歯になると、自然に治ることはないので、早めに処置するようにしましょう。

命名

命名とは、赤ちゃんが生まれた時に、名前を決めることです。
基本的に赤ちゃんの命名は、
住んでいる土地の役所に、出生後2週間以内に届けることになっています。

蒙古斑

蒙古斑とは、黄色人種である日本人によくある先天的なあざの症状で、青いあざのことです。
蒙古斑は、おしりや背中、腰部分に現れます。

沐浴

沐浴とは、新生児を、ベビーバス等で入浴させることです。
沐浴によって、赤ちゃんとのコミュニケーションをとり、清潔さを保つ意味をもちます。

ものもらい

ものもらいとは、まぶたが腫れあがり、痛みを伴うものです。
まばたきするだけでも違和感や不快感があります。

モロー反射

モロー反射とは、赤ちゃんの成長過程の反射行動で、
赤ちゃんが手を前に突っ張る仕草をすることです。
新生児から3ヶ月頃までに良く見られます。

や行

幽門狭窄症

幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)とは、胃のなかの筋肉が厚くなり、
ミルクの通りが悪くなる病気の事です。
赤ちゃんは、飲んだミルクを吹きだしてしまう特徴があります。

ら行

ライ症候群

ライ症候群とは、風邪などに感染した後で、何らかの障害などが起こる病気です。
ライ症候群では、嘔吐、けいれん、臓器の異常が挙げられます。

りんご病

りんご病とは、頬が発疹で赤みを帯びる病気のことです。頬から始まり、手足に広がります。
10歳までの子供に多くみられるウイルス性の病気で、直射日光で悪化してしまいます。

Comments

  1. Website says:

    If you wish for to grow your experience just keep visiting this website and be updated with the most recent information posted here.|

  2. ベジママ says:

    先日は久しぶりに家族で遊園地に行きました。少し寒かったけど、天気も良くて、家族連れで混み合っていました。我が家の子供よりも小さい子供たちもいっぱいいました。そういう子供たちを見ているうちに、妊娠から出産までのことをたくさん思い出しました。私のときとは違って、今葉酸サプリとか妊活サプリもいろんなものがあるみたいです。飲むのが常識という感じです。必ず飲まなければいけないものではありませんが、必要な栄養素をきちんと取り入れることを考えると、やはり飲んでおくのがいいのでしょうね。もちろんそういうサプリメントだけに頼るのは良くないです。いつも以上に栄養バランスを考えた上で、補助的にサプリも活用するというのが理想的だと思います。

  3. 京都府のクラミジアチェック京都府のクラミジアチェック

Website にコメントする コメントをキャンセル

Return to top of page