教育のデジタル化

LINEで送る

麻生政権時に発表された「スクールニューディール」では、電子黒板の導入が話題になりました。しかし、2009年12月には民主党政権における総務 省から、いわゆる「原口ビジョン」の中の「フューチャースクール構想」の一部として

教育のデジタル化はタブレット型の活用が中心

麻生政権時に発表された「スクールニューディール」では、電子黒板の導入が話題になりました。しかし、2009年12月には民主党政権における総務 省から、いわゆる「原口ビジョン」の中の「フューチャースクール構想」の一部として2015年度までに小中学生に一人一台のデジタル教科書を持たせる構想 が発表されました。教室単位のデジタル化ではなく、生徒単位でのデジタル化に方向性が変化したわけです。そこで注目されるのがタブレット型PC、特にアイ パッドです。

iPad

なぜノートPCでもネットブックでもなく「iPad」なのかというと、起動の速さ、携帯生、画面サイズ、マルチタッチ、マルチメディア、アプリの質や信頼性などが決め手になり、世界的に導入が進められています。

iPhone

なぜノートPCでもネットブックでもなく「iPad」なのかというと、起動の速さ、携帯生、画面サイズ、マルチタッチ、マルチメディア、アプリの質や信頼性などが決め手になり、世界的に導入が進められています。

実際の活用風景 学校編

画像

学校や塾業界でもiPadを教育に活用する試みが次々と報告されています。アメリカではニューヨーク市の公立学校が2000台以上のiPadを発注。すでに教育現場での導入が進んでいます。アイルランドの中高一貫校では、従来の紙の教科書からiPadに切り替えての授業が開始されました。シ ンガポールの単肥根素中学校では理数系科目をiPadで教えています。日本でも千葉の袖ヶ浦高校で、全国の公立校として初めてiPadを導入し、情報コ ミュニケーション科を立ち上げています。福岡の博多高等学校ではiPadを100台導入し、eラーニングに活用しています。例えば生物の授業で、iPad 2で記録・発表・情報共有を行っています。具体的には、実験において主に操作を担当するものと、記録を担当するものの2人1組で行われものでは、花粉管 を、「スライドガラスに直に乗せた状態」「寒天培地に乗せた直後・5分後・10分後・15分後」を顕微鏡で観察する。

 

記録は、各々の状態をiPad 2で撮影・編集し、その変化の様子をスライドに仕立てる。スライドは授業用のフォルダに集約(保存)し、クラス全員で共有する。このフォルダには自宅から もアクセス可能という。これにより、うまくできなかった生徒も、花粉管の変化の様子を確認し、考察することができるというわけです。

 

「アイパッド教育」は普通の教科書よりも有効?

『アイパッド』は教育における有効な資源になりうることを示すデータが発表されました。教科書を出版する米Houghton MifflinHarcourt(HMH)社が米Apple社と協力して、アイパッド教科書を用いた『代数I』教育のパイロット・スタディを実施。理解度 がAdvanced(上級)またはProficient(熟達)と評価された生徒の割合は、アイパッド教科書利用者(78%)が紙の教科書利用者 (59%)より約20ポイント多いとう結果になったそうです。この調査は、カリフォルニア州リバーサイドの中学校で、2010年春から2011年春にかけ て、HMH社のアプリ『FUSE: Algebra I』を用いて行われています。『iOS』ゲーム『Motion Math』を用いた調査でも、iOS機器が基礎的な数学のスキル学習に役立つことが証明されている。小学校5年生にこのゲームを1日に20分間、5日間に わたってプレイさせたところ、テストの点数が平均で15%増加したとのことです。

 

実際の活用風景 塾編

昨年あたりから、決して多くはありませんが、授業を効率よく、つまりお子様にとって効率の良い学習が行えるようカリキュラムを組みなおしている先進的な塾もあります。これからの学習はただ知識を暗記するのではなく、知識を活用できるように力をつけることが重要です。いままでの学習方法はもちろんですが、たとえば、アイパッドを用いて視覚情報を刺激し、子供たちの思考力を最大限に引き出すことや、映像教育を行うことで、なお一層学習意欲が高まりやすい授業を追及することで、最適な環境を創造していけます。

 

受験自体にもデジタル化が起こっています

画像

教育のICT化について、私塾界では2011年6月7日に討論会を行いました。塾関係者を始め、ITを活用した次世代教育を研究している株式会社電 通国際情報サービスオープンイノベーション研究所に参加して頂き、これからの教育における先端技術の利活用の方向性や必要性について活発な議論が行われま した。「タブレット型端末の導入には費用がかかるといわれているが、中学3年生が年間に使用する教材費は約8−9万円。印刷代にこれだけかけるのであれ ば、タブレット型PCを1台買ったほうが安上がりという計算も成り立つ」という意見がある一方、「受験はアナログな技能。学習 の最適化という側面的な利用はできても、教育そのものがデジタル化することはあり得ない」という塾経営者の見解もありました。たしかにこれまでの受験はア ナログな技能でした。しかし、今後はそうともいえないかもしれません。最後にそのことについて考えてみましょう。

マーケティング業界においては1996年前後に生まれた世代を「ネオ・デジタルネイティブ世代」などと呼び、通称「96世代」などと呼んでいます。 それまで「情報」とは自分の頭の中に蓄積しておかなければいけないものだったのですが、96世代以降、「情報」とは情報端末の中に蓄積しておき、必要に応 じてそれを引き出せばいいものに変化しているといわれています。当然教育における情報の取り扱い方も変わるわけです。よく大学の定期試験などでは、辞書や ノートの持ち込みを認められることがありましたよね。それと同じで、情報は媒体に記憶させ、それをどう活用するのかに重点をおく教育に変化していくことが 考えられます。教育のデジタル化とは、単に黒板や教科書が電子デバイスに変わるだけではなく、教育の目的自体がかわることを意味する可能性が高いのです。

画像

ここで、ちょっと考えてみてください。現在、多くの塾では、黒板やホワイトボードを中心とした授業を行っていることと思います。その、黒板やホワイ トボードがある日突然なくなったとしたら、どうなるでしょうか。現在生徒たち一人ひとりに渡している教科書がある日突然なくなったとしたら、どうなるで しょうか。授業はできなくなるでしょうか。きっと多くの塾の先生たちは柔軟な発想で工夫を凝らし、別の手段で滞りなく授業を行うことができるでしょう。教 師や生徒が使う道具が変化しても、教育の目的に変化がない限りは、それほど影響がないのではないかと思います。二昔前までは、一般企業においては帳簿と電 卓が主役でした。しかし今は一人一台のパソコンを駆使して仕事するのが当たり前になっているのと同じです。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page