小学生のための部屋作り


kodomobeya

あなたのお子さんの部屋は、どんな子供部屋ですか?

小学生の子供部屋は単に「部屋」ではなく、子供の教育にも深く関わってきます。
これから子供部屋を作ろうと思っている方のためにも、小学生の子供部屋作りのヒントをご紹介していきます。

小学生の部屋作りにおいて一番重要なポイント

一番重要なことは、部屋に“機能”を持たせ過ぎないことです。
小学生の子供部屋の機能は「寝る」「勉強する」「友達を連れて来て遊ぶ」などがあります。その機能のうち、例えば「勉強する」「寝る」は子ども部屋に持たせ、「遊ぶ」機能はリビングに持たせます。
そうすれば子供部屋はそれ程広くする必要がありませんし、友達と遊んでいる様子がよく分かるのも親としては安心できます。
子供部屋の“機能”を家中に分散させておけば、子どもが部屋にこもりきりになるという事態は防げます。

子供部屋を与える時期

子供の自立を促し、プライバシーを確保するためにも年頃になったら個室は必要でしょう。
しかし、あまり小さいうちに与えるとたとえ居心地が悪くてもそれなりに満足してしまい、リビングに出て来なくなる恐れがあります。
親が子供との関係が確立できていると感じ、子どもが部屋を欲しいと言った時をひとつの目安にすると良いかもしれません。

基本は家族と過ごす

子供が部屋に引きこもらないようにするために、子供部屋よりも居心地のいい場所を作ることも大切です。
居心地の良すぎる子供部屋は、家族との関わりを希薄にし、非行や引きこもりの温床になりやすいと言われます。
どの年齢の子供でも、基本は家族と共に過ごすこと。
勉強と睡眠以外は、出来るだけ部屋にこもらないことを小学生のときに習慣付けたいものです。

小学生になると子供も、家族との生活環境の中で自立心が芽生え、社会の一員としてルールを知ることになります。
この時期は、子供部屋という個室が必要なのではなく、子供の居場所を確立してあげることが重要になります。
小学生の時期の子供部屋で子育てが左右されることを考えれば、決しておろそかにはできない部分でありますし、
子供との関係を見つめ直す良い機会でもあるので、子供部屋について家族でもう一度考えてみましょう。

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

塾予備校ナビ

塾予備校ナビ

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する