褒め方で子供の学力が変わります

LINEで送る

怒るより、褒める■子供には2種類のタイプがいる

子供は褒めると伸びるといいますが、褒め方によって
子供が努力型か、失敗回避型になるといわれています。

努力型→学ぶことが好きで新しい事に挑戦しようとする子供
失敗回避型→失敗する事を恐れ、新しい事に挑戦するのを避ける子供

■どう褒めるとどのタイプになるのか

子供の能力を褒めると失敗回避型になり、子供の努力を褒めると努力型になるといわれています。

ある調査で、頭の良さを褒めた子供は、同じ問題を解こうとする傾向が強くなり、新しい問題を嫌がるようになった一方、
努力を褒めた子供は、9割が新しい問題をする方を選び、学べるチャンスを逃しませんでした。

つまり、能力を褒めると子供の知能が下がり、努力を褒めると子供の知能が上がった事になります。

ということは、子供を褒める時は、努力を褒めないといけません。

■褒め方のポイントとタイミング

では、どのように褒めればいいのでしょうか。

【タイミング】

(1)その場ですぐ褒める・・・後で褒められても覚えてなく、心に響きません。
(2)毎日ありがとうを言う・・・ほんのささいなことでも毎日、「ありがとう」を増やしてみて下さい。これも立派な褒め言葉です。 

【ポイント】

(1)目を見て褒める・・・同時に頭を撫でたり、抱っこしてあげると、より効果的であることがわかっています。
(2)具体的に褒める・・・「頑張ったね、すごいね」の連発では、心に響きません。「どこをどう頑張ったか」を具体的にする事で褒められた事を実感できます。

■まとめ

以上の通り、子供の頑張りを「具体的に」褒めることを絶対に忘れてはいけません。
子供の努力の成果を認め、沢山褒める事で学力もですが、人間的にも成長するのではないでしょうか。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page