小学生の時間を有効に使う方法

LINEで送る

時間を有効に使う方法幼稚園から小学生に上がると、子供は急に忙しくなったように感じます。
さらに中学生や高校生に上がれば、もっとその忙しさは加速していくでしょう。
早いうちに上手な時間の使い方を身につけておきたいものです。

「すべきこと」と「やりたいこと」を明確に仕分け

【付箋でスケジュール管理】
子供自身に翌日の朝起きてから寝るまでの「すべきこと」「やりたいこと」を
色の違う付箋などに書かせます。
当日にやることが増えた場合も付箋を増やしていきましょう。
そのあと時間軸が書いてある紙などを用意し、その付箋を貼り付けましょう。
終わったものから付箋をはがしていきます。
この方法を取ることで、今日は何が滞っているのか、「やりたいこと」の付箋が多いなどと
子供自身でスケジュールに気づくキッカケを作ることに繋がります。

まずは、その日のすべきことや優先順位を理解させることです。
「すべきこと」である今日の宿題や、「やりたいこと」である本を1冊読むなどということを
子供自身が頭に入っているかを確認できるのです。

探し物の時間短縮

【置く場所の徹底・すぐに片付ける】
人は、探し物をするために1年間に150時間も使用していることを知っていますか?
何かを見つけるのに20分程費やし、見つからなかったとします。
この積み重ねが年間150時間にもなるのです。どれだけもったいないことをしているでしょうか。
日頃から置き場所の徹底と使用後の片付けをすぐに出来たら、探すこともありません。
この150時間を何にあてれるでしょう?

 効率的な時間の使い方

【終了の時間を決める】
人は「のんびり」と「ダラダラ」を同じだと考えがちです。終了時間を課しましょう。
時間内に終えないと次に影響があることを学ぶのです。
【早朝の時間を利用】
夜のうちにできないこともあるでしょう。そんな時は朝の利用も考えましょう。
「やりたいこと」は朝でも良いものが多いはずです。
【45分の集中力保持とオフの作り方】
小学生のうちは45分間の集中を保てるように訓練しましょう。
その後は休憩をとり、リラックスする時間も忘れないようにすることです。
オンとオフの切り替えをすっと出来るようになりましょう。

きちんとスケジュールを立てることは、時間を有効利用する上で一番重要なことです。
きちんと配分を考えてそのように行動しようとすることで
時間を大切に使うことが出来るようになるでしょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page