家庭環境で子供の性格が変わる?!-親が与える8つの影響-

LINEで送る

家族がソファーに座っている幼少期の家庭環境は一番の基礎となります。

幼少期の子供にとって家庭は、ほとんどの事を知る場なので、
親の与える影響をそのまま受け、育っていきます。

子供が成長するまでに習得しなければならないものは非常に沢山ありますが、
その大部分を家庭で教えてもらっています。

また、学校では知的な内容を教えてくれますが、
親から教えてもらうことのほうが大きくその後の性格にも影響しています。

ここでは、家庭環境が子供に与える性格への影響についてご紹介します。

家庭環境が子供に与える影響

家庭での「しつけ」というは、家庭でそれぞれあり、
こうなってほしいという理想像があると思います。

それに近づけるために、良いことは褒めて習慣化するように仕向け、
悪いことは叱って習慣化しないようにします。

そうすることで、親の望む子供へと近づけていくことができます。

こんな親のしつけが子供の性格を変える!!

子供は親の言う事に従うべきだと考え、しつけを厳しく行う親の場合

消極的で、温和な子供が育ちやすいです。しかし、社会にちゃんと適応します。

子供にかまい過ぎで神経質な親の場合

いつまでも自分の事が出来ず、大人に頼り、臆病になりやすいです。

保護的な親の場合

親切で思慮深くなるといわれますが、社会性が弱い傾向があります。

子供を甘やかす親の場合

子供がわがままになり、神経質になりやすいです。

意思が弱く何も言えない親の場合

子供が神経質で、乱暴な性格になりやすいです。

子供に興味を持っていない親の場合

感受性に欠け、冷酷で乱暴で、情緒不安定になりやすいです。

冷酷な態度をとる親の場合

子供は、神経質になりやすく、また孤立的になりやすいです。

民主的な態度の親の場合

子供が自分で考え自発性、自主性が大きく好ましい性格になりやすいです。

このように、家庭環境では親の態度が子供に与える影響というものは、
非常に大きく、育児態度が神経質になりすぎてもいけないですし、
疎かになっても精神的に情緒不安定な子供ができやすいので注意が必要です。

どんな家庭環境が子供の成績と生活態度を良くするのか?

  • 一軒家などの持ち家がある
  • 両親が大学まで教育を受けている
  • 子供に自発性を持たせる
  • 本が沢山あり、幼少期に本を多く読んでいる
  • 家庭内でルールがあり、しつけが適度になされている

といったことが多く挙げられます。
このように、子供の事をしっかり考えて接していくことが重要です。

また、家庭環境をしっかり整え、親が常に意見を一致させ、
過保護にせず、適度にしつけをしていくことで良い方向へと行くでしょう。

上記を参考にして、家庭環境を改善してみてはいかがでしょうか?

子育てしやすいお部屋はこちら

ieside

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page