子どもが不安なときのサインと解消法

LINEで送る

子供が不安なとき子どもにも、不安やストレスがあります。

言葉で上手に気持ちを表現できなかったりすることが原因で、

大人が思っているよりも、我慢してしまっている場合も多々あります。

とても不安な気持ちを抱えているのに、うまく表現できない子どもに、

周りの大人が気付いてあげられなかったら、どうなってしまうのでしょうか?

子どもは、様々な方法で、不安や恐怖、寂しいと言った気持ちを表現します。

今回は子どもが不安なときのサインと、解消法を紹介していきます。

 

子どもが不安なときのサイン

指しゃぶり、爪噛み

不安のサインは、口元に出ることが多いです。

指しゃぶりを卒業したはずの子どもが、

口元に手を持っていき、指をしゃぶったり、爪を噛んでいるときは要注意です。

 

体調

一緒にいたい母親が仕事で忙しくて、かまってもらえなくて寂しい時に、

体調を崩してしまったりします。

体調を崩せば、母親は仕事を休んで相手をしてくれ、

それが癖になって、何度も熱を出したり、嘔吐をしてしまう子どももいます。

 

子どもの不安の解消法

子どもの様子がなんとなく気になるときは、こちらから気軽に話しかけて、

子どもが悩みを口にできる機会を作ってあげましょう。

「話す」という行為は、いわばガス抜きと同じ。

こころとカラダの緊張を瞬時に解き放つ作用があります。

困った時、いつでも話せる相手がいるという安心感は、

子どもの自尊心を高めて、日々のストレスに耐える力もつけてくれます。

子どもが話し始めたら、子どもの気持ちに共感して、

「必ず良くなる」と保証し、励ますことが大切です。

そして、一緒に解決策を考えましょう。

子どもの不安やストレスは、健康を害するだけでなく、

性格形成上、支障をきたすことが多いので注意が必要です。

サインに気づいたらなるべく早く、解消してあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page