子供部屋の必要性と与える時期

LINEで送る

子供部屋の必要性子供が成長してきて、「いつ子供部屋を与えれば良いのか」

あなたは悩んだことはないですか?

子供部屋を与えることによって、子供の自立心や責任感が育まれます。

しかし、ただ子供部屋を与えれば、それでいいという訳でもありません。

今回は、子供部屋について紹介します。

 

子供部屋を与える時期

0才~4才くらい

幼い頃は、親と一緒に生活することで、

親のマネをしながら成長していきます。

まだ一人で何かをするという時期ではないのに、

子供部屋を与える必要はありません。

 

5才~6才くらい

子供部屋を与えるのに、一番適した時期です。

小学生になるくらいの頃から、

しだいに子供が自立心を持ち始めます。

自分で部屋の管理をすることで、

自分のやるべきことを考えるようになります。

 

子供部屋の必要性

メリット

・衣服、小学校で使う道具など、荷物の置き場になる

・一人で勉強や習い事の練習などに集中できる

・掃除や整理整頓など、部屋の管理することで成長する

・自分の部屋の存在で、子供自信が成長を認識できる

 

デメリット

自分の部屋でなんでも出来てしまうと、

部屋に閉じこもってしまうこともあります。

家族とのふれあいも子供の成長にはとても大事です。

以下のような工夫をしましょう。

 

・リビングを通らないと部屋に辿りつけない場所にする。

・テレビやゲームなど、部屋に閉じこもる原因になるものはリビングに置く

・鍵は付けない

 

子供部屋は、子供の成長の上で必要なものです。

しかし、子供部屋を与えたからといって、

子育てが必要なくなる訳ではありません。

子供の成長に合わせて、

子供部屋のあり方も考えていきましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page