子どもに心を開いてもらう親の話し方

LINEで送る

子供に心を開いてもらう話し方幼いころの子どもと親の会話は、将来のコミュニーケーションの仕方や他人との関わり方に大きな影響を与えます。
あなたは子どもにどんな話し方をしていますか?心を開いてもらえていますか?

小学生ぐらいの幼い子どもは、親にかまってもらいたいと思う気持ちが特に大きく、
たくさん話をして、自分のことを理解してもらおうと思っているのです。

そこで今回は、幼い子どもに心を開いてもらう話し方をご紹介します。

■子どもに心を開いてもらう話し方の8つのポイント

・話しやすい雰囲気をつくる

・先入観をもたずに聴く

・子どもの発言をじっくり待つ

・勝手な解釈や評価、批評はやめる

・あいづちを打つ

・子どもの言葉や思いを繰り返す

・子どもがどんなことに関心があって、物事をどう受け止めているのかを知る

・どんな質問をされても、打ち消さない

などがあげられます。

きびしく恐い父や母のもとで育つと、どうしても父や母の顔色をうかがうような話し方が身につき、
成人してからも自分の感情や考えを抑えてしまいます。
まわりの人に合わせたコミュニケーションをするようにもなり、どことなくよそよそしい子供に育ちます。
いつも誰かに自分の欠点やミスを指摘されそうな気がして、子どもは親にも他人にも心を開くことが出来なくなるのです。

子どもは、親が自分の気持ちを否定せず、受け止めてくれると知ったときに心を開きます。
子どもの将来のためにも、心を開いてもらえるような話し方を心がけましょう。

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page