子供の病気

LINEで送る

子供の病気季節の変わり目は、体調を崩しやすいですね。

大人であれば、多少体調が悪くても、

気にする事は少ないかもしれません。

しかし、それが幼い子供であれば、

些細な体調の変化でも軽視することはできません。

子供の場合、幼くなるほど、免疫力も低くなります。

成長すれば、自分で症状を理解し、訴えることもできますが、

幼い内はなかなか難しいでしょう。

親がきちんと症状を見極めて、

対処してあげる必要があります。

 

かかりやすい病気

最も気を付けなければならない病気、

それはインフルエンザです。

インフルエンザは時には命を落とすこともあります。

それに加え,感染力が強いので、

流行し感染してしまう前ににきっちりと予防を行いましょう。

 

幼児がインフルエンザにかかったら

 

合併症に注意。インフルエンザが脳へ影響を与えることもあります。

 

幼児のインフルエンザからの合併症~インフルエンザ脳症~

 

インフルエンザに限らず、

子供は発熱しやすく、特に赤ちゃんは発熱頻度が高いです。

その原因と対処法はこちらを見て下さい。

 

赤ちゃんの発熱の原因と対処法

 

インフルエンザや風邪などの感染症は、

予防することで大事に至ることを防げます。

予防法を教えてあげることも大切です。

 

子供の風邪の予防方法

 

危険な病気

危険な病気の一つとして、肺炎があります。

普通の風邪などをこじらせ、

肺炎に転じてしまうことがあります。

「風が長引いているな」と思ったら注意が必要です。

どのような症状が出るのか確認しましょう。

 

子どもに多い4つの肺炎の種類

 

他にも、子供にけいれんの症状が出てしまうような、

危険な病気もあります。

 

幼児がけいれん(ひきつけ)をともなう病気と注意点

 

こんなとこにも目を向けて下さい

毎日の便、これは子供の体調を知るバロメーターにもなります。

毎日の子供の様子から気にしましょう。

 

幼児の下痢対策

子供の便秘の原因と解消法

 

病気ではないですが、こんな症状もあります。

 

赤ちゃんがしゃっくりする原因と止め方

 

病気は子供、大人に関わらず、

誰しもがかかってしまう可能性のあるものですが、

子供は大人に比べ免疫力が高くないため、

ちょっとした風邪等から、大事に至ってしまうケースも少なくありません。

少しでも知識を付けて対策し、

症状が出たら、すぐに病院に行くようにしましょう。

Return to top of page