子供が発熱した時の対処法

LINEで送る

子供の発熱あなたは、子供が発熱した時に正しく対処できていますか?

子供の体温は、年齢、時刻、測り方、個人によって違います。

具体的には、年齢が低いほど高く、平熱は、朝低く、午後から高くなります。

測り方に関しては、「わきの下か?耳の中か?」「水銀体温計か?電子体温計か?」

によっても異なりますし、個人差も大きいので、

日頃から子供の平熱を知っておきましょう。

今回は、子供が発熱した時の対処法について紹介していきます。

 

子供の発熱とは

一般には、わきの下で測って37.5℃以上、

あるいは平熱より1℃以上高い時を発熱とします。

もし子供が発熱しても、少なくとも通常の風邪で40℃台までは、

脳の組織が熱のために危険な状態になることはありません。

したがって、たとえ子供が高熱を出しても、

熱そのものが原因で危険な状態になることはほとんどありません。

熱の高さに慌てたりせず、冷静に看病してください。

 

子供の発熱時の対処法

熱を下げましょう

子供を薄着にして、体の熱を発散しやすいようにしてあげましょう。

アイスパックなどを頭や脇の下に当てることも効果があります。

小学生以上の子供の場合は、寒気を感じることがありますから、

その時は、暖かくしてあげて下さい。

 子供に体力の消耗・脱水症状・ぐったりして元気が無い、

熱により苦しく眠れない等の場合は、解熱剤を使うことも必要です。

 

食事を変えましょう

胃腸の働きが多少弱るので、

いつもと同じ食事では胃腸に負担がかかってしまいます。

看病する大人が心掛けるべきもっとも大切なことは、

多めの水分補給と、消化吸収しやすいもので栄養補給をさせることです。

 

発熱中の入浴は避けましょう

湯に入った時の急激な温度変化が、体にストレスを与えますし、

体温が上がり過ぎてしまう危険があります。

衛生上の理由から入浴させたい時は、

脱衣室・浴室を暖めた上で、シャワーで体を洗う程度にして下さい。

子供が発熱してしまっても、親は慌てずに、落ち着いて対処してあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page