子供の金銭教育

LINEで送る

金銭教育金銭感覚というのは、教育が大きく影響しているものです。

金銭感覚が養われるのは、

子供が自分でお金を稼ぐようになってからではありません。

金銭感覚を養うためには、幼少期からのお金に対する学習を、

どのように行っていくのかが大切です。

子供が持つお金に対する意識を、年令別に考えてみましょう。

 

3歳~5歳

お買いものごっこでお金の存在を学ぶことができます。

「お金があると欲しいものが買える。」

「お金は使うとなくなる。」

「お金がないと欲しいものが買えない。」

というお金の既成概念を学ぶことができます。

 

6~9歳

字を書くことや、計算することができるようになり、

お小遣い帳の活用を学びます。

お金をどのように扱えばいいのかを理解し始め、

必要なものと欲しいものの違いを学ぶことができる時期です。

またお手伝いなどで、お金を稼ぐ感覚を学ばせることもできます。

 

10歳~12歳

お小遣いをもらい、自分のお財布で自分のお金を管理することを学びます。

また、この頃から貯金について学ぶこともでき、

実行に移すこともできる年齢です。

 

金銭感覚は、子供の発育に合わせて養われていくものです。

お小遣いを、子供が求めれば求めるだけ与えるなど、

子供のうちからお金のルールをしっかりと学ばずに成長すると、

大人になってから後悔することにもなります。

様々なものに興味を持ち、

社会に出る時の大切な考え方を学ぶ大切な時期だからこそ、

子供には学ぶことを主体とした教育が必要です。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page