子どもの虫歯の原因と予防

LINEで送る

子供の虫歯学校の健診で、最も多い疾病が虫歯です。

年齢と共に虫歯は増加します。

子どもの虫歯は減少を続けていますが、

虫歯が減った現在、子どもの虫歯の多くは奥歯の溝から発生します。

また生えてから間もない歯は弱く、

甘い飲食物を好むことが多い子どもは、虫歯になりやすいことで知られています。

そこで今回は、子どもの虫歯の原因と予防方法を紹介していきます。

 

虫歯の原因

子どもの生えて間もない歯は、十分に硬くなっておらず、

石灰化が完全に進むまでに生えてから2~4年かかるのが理由の一つです。

また、砂糖を含んだ飲料やお菓子を好むことも要因として挙げられます。

その他にも、子どもが自分で歯磨きを行う場合、奥歯や新しく生えた歯で

磨き残しができることが理由に挙げられます。

 

虫歯の予防方法

砂糖を含んだ飲食物をだらだらと食べないこと、

寝る前の2時間以内は控えることや、十分な歯みがきが大切です。

そして唾液には、「緩衝能」と言って、

酸性になったお口の中を中性に戻す力があります。

なので、よく噛むこともとても重要です。

さらに、歯磨きの仕方を見直して、

虫歯のできやすいところをきちんと把握し、きちんと磨きましょう。

生活環境を改善することで大きく減らすことが出来るのが、子どもの虫歯の特徴です。

乳歯の虫歯は、この後に生えてくる永久歯にも大変悪い影響を及ぼします。

もちろんお子様の健康や発育にもよくありません。

まずは親が気をつけて、子どもの虫歯を予防してあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page