子供の叱り方~正しく子供を叱る方法~

LINEで送る

子供を叱る親子供が大きくなってくると、どうしても遠慮してしまったり、

反抗されることを恐れて、なかなか叱れない・・・

なんてお母さんも多いのではないでしょうか。

確かに子供が大きくなってくると、自我も強くなりますし、

反抗されることも多くなってくるでしょう。

では、子供が悪いことをした時はどのように叱ったらよいのでしょうか。

今回は上手な子供の叱り方をご紹介します。

 

反抗されるのは、子供が自分の意見を言えている証拠

今まで素直だった子供に反抗された・・・

とてもショックなことですよね。確かに素直になんでも言うことを聞いてくれれば、

一番いいのかもしれませんが、そんな子供は存在しません。

また、素直になんでも言うことを聞いている子ほど、

大人になってからストレスを貯めこんでしまったり、

自分を追い詰めてしまい、心の病気になってしまうことだってあります。

それに比べれば反抗されたほうがまだいいですよね?

頭ごなしに叱るのではなく、まずは子供の意見を聞いてあげましょう。

 

全く叱らないのはNG

子供が悪いことをしても、寛大な心で受け入れる。

そんなことも時には必要かもしれませんが、度が過ぎると逆効果です。

子供が悪いことをした時にはしっかりと叱りましょう。

子供というのは、叱られることでも愛情を感じます。

逆に全く叱られないと「自分に興味が無いんだ・・・」

と、親の注目を集めるために非行にはしってしまう子供も居ます。

しっかりと子供と向き合って話をしましょう。

 

怒鳴るよりまずは話を聞こう

物事には何かしらの理由が必ずあります。

子供が悪いことをした際も、きっと何かしらの理由があるはずです。

その理由を聞いてあげましょう。もし子供が悪いことをしている認識があれば、

そのことを聞くだけでも罪悪感が生まれ、自ら反省することが出来るでしょう。

もし自覚が無いようであれば、しっかりと理由を添えた上で、「悪いことだよ」

と諭してあげるとよいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。子供との向き合い方って、とても難しいですよね。

しかしそんな子供も愛情をもって接していれば必ず通じます。

根気よく子供と向き合って、強い絆を育んでください。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page