子供の運動と骨の成長

LINEで送る

子供の運動と骨あなたは子供に運動をさせていますか?

子供の基本的な運動を行うために必要な運動神経は、

約9歳までに大枠が出来上がると言われています。

そのため、9歳の時期までに、どのような運動をしてきたのかが大切になります。

筋肉は、思春期に入る頃から鍛えれば良いのですが、

素早く動く能力や、運動を巧みにする能力というのは、

幼少期の遊びを通した運動によって、培われます。

運動能力の土台を築く時が、この子供の幼少期になります。

 

運動と骨の関係

幼少期の運動は、素早さや巧みさを伸ばすばかりではなく、骨の成長も促します。

骨密度(骨量)を増加させ、丈夫な骨を作るのです。

運動能力や体力強化と言うと、筋肉ばかりに着目しがちですが、

筋肉の土台になるのが骨であり、骨が丈夫でないと筋肉も活かせなくなります。

骨密度と言うのは、鍛えても増えず、30歳頃から、徐々に減少してしまいます。

幼少期から適度な運動を積み重ねていると、

骨密度が高く、骨が強いため、大人になっても不自由を感じる事は少ないですが、

幼少期から運動をしていないと、

骨密度が低く、骨が弱いため、ケガをしたり、身体がだるくなる事があります。

 

幼少期の子供の適切な運動量

適切な運動量には個人差があり、

身体の成長に合わせた運動量が良いようです。

しかし、毎日激しく運動をする必要はありません。

特に、幼少期の子供の過度な運動は、

かえって身体に負担が掛かるのであまり良くありません。

幼少期は、一日一時間位を目安に、

外で思いっきり遊ばせるように習慣づけをしましょう。

 

オススメの遊び

オススメの遊びは、鬼ごっこです。

鬼ごっこは、タッチするために追いかけたり、

全力で逃げたりと、素早く走る経験ができます。

外遊びは、自分達でルールを決めて遊ぶので、

運動能力だけではなく、判断力やコミュニケーション能力なども、

身に付ける事が出来ます。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page