子供の水泳、親が教えるときの上手な練習方法

LINEで送る

「水が怖い!」

とすぐに泣いてしまう水が怖い子供も多いのではないでしょうか。

何も知らない子供には、正しい手順、正しいフォームなど基礎を、

しっかり固めることで、徐々に泳げるようになります。

スイミング教室に通っていない子供もできるようになる、

親が教えるときの上手な練習方法をご紹介します。

 

子供の水泳、基本的な練習の進め方

まずは水に慣れる

水泳が苦手だという子供たちが多く抱えているのが、水への恐怖心。

浅いプールから始め、徐々に深いプールに入り、

体を水に浸けることに慣れさせることが大切です。

肩までつかることが出来たら、すっぽりと頭まで潜りましょう。

これを何度も繰り返すことで徐々に恐怖心は薄れていきます。

 

水に浮く

水泳が苦手な子どもにとって、水に浮かぶことはとても難しいこと。

泳ぎの基本は、体の力を抜いて浮くこと。

水が怖い子供にとって、水の中で力を抜くことは、とても不安で恐ろしいことです。

しかしこれが出来るようになれば、その後の泳ぎの練習もスムーズにいきます。

力を抜く方が浮きやすいということを、親がはじめは体を支えてサポートし、

子供の意識や体の感覚に叩き込みましょう。

 

けのびやバタ足で前に進む

水の中でまっすぐに足を延ばすことを 『けのび』と言います。

つま先までまっすぐ伸ばした状態で、

はじめは親が子供の手を引っ張り水の中を進みます。

慣れてきたらビート板を使って子供自身で進ませましょう。

 

やる気を引き出すことが大切

命令口調はNG

誰かにものを教えられるとき、

命令されるように「~しなさい」と言われ続けることで

やる気をなくしてしまった経験はありませんか?

ついつい練習に力が入ってしまう気持ちはありますが、

それは子供のやる気をそいでしまうのでNGです。

「教える」というよりも「伝える」ということを意識するといいですよ。

 

練習の時は、親も子も同じ目線で

何かを成し遂げたときには、

子供と一緒に大喜びしましょう。

親の喜ぶ姿を見て、子供はその喜びが倍増し、

それがやる気につながります。

また、親と感情を共有しているという一体感は、

子供に安心を与えるのです。

いかがでしたでしょうか?

子供は褒められれば 褒められるほど伸びます。

なかなかうまくいかなくても、小さいことでも

できたことをおもっきり褒めてあげましょう。

また、次の練習に繋がり、成長が加速するはずです。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page