子育てにかかる費用ってどのくらい?

LINEで送る

お金が飛んでいる子供が、生まれて気になるのは、
「学費としてかかるお金はいくらくらい?」
ということではないでしょうか。

子育て費用は一体、いくらくらい貯めればいいのか、
そしてどうやって貯めればいいのか、
新米ママ、パパにとってみればわからないものです。

そこで、どのくらいのお金が必要なのか調べてみました。
どうやって貯めようかと思っている人、必見です。

いくらかかる?1人あたりの学費

これだけかかる!学費を計算すると…

学費だけでも、1人あたり1000万円かかると言われています。
それは本当でしょうか。

ニッセイ学資保険の、ホームページに掲載されている、
教育費に関しての記事が、とても興味深いです。

それによれば、私立幼稚園、小学校から高校までは国公立、
大学は、私立文系で下宿と仮定した標準コースは、1282万円かかります。

オール国公立コースだと、大学下宿費用を含めて「1135万円」。
オール私立コースだと、「2392万円」にもなります。
標準コースで、大学下宿をしない場合でも「865万円」です。

この金額を貯金しなくてはいけないと思うと、気が遠くなる話です。

お近くの塾はこちらから

しかし、少し安心できる話もあります。
一番費用がかかるのは、大学生活です。

大学4年間の「教育費364万円」を、
18歳になるまでに、貯金すればいいと考えてみましょう。
すると、毎月2万円弱積立をすれば大丈夫。
大学下宿であっても、毎月3.6万円ずつ積み立てれば大丈夫です。

生まれてすぐに、大金が必要な話ではないので、
毎月、少しずつ貯めていくことができれば、問題のない話なのです。

児童手当を使って賢く貯金!

15歳以下の子供を育てているのなら、児童手当ももらえます。
毎月、2万円の積立は、お給料からやりくりすると大変ですよね…。

そんな人でも、もらった児童手当を、
そのまま貯金すれば、苦労はないのではないでしょうか。

3歳未満の児童は、「月額15,000円」で3歳以上の児童は、
月額10,000円なので、2万円ずつ貯めていくなら、
残りの5,000~10,000円を貯めれば良いだけです。

第3子以降の児童については、月額15,000円になりますから、
「子供が多くて貯金できない」なんて人は、
児童手当こそ、貯金に回すべきです。

 

消費税が8%になり、家計に負担がのしかかっている現在。
教育費こそ、早めに貯金しておいた方が、安心できそうですね。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page