幼児の言葉 -発達と遅れについて-

LINEで送る

幼児の笑顔自分の子供の言葉の発達について、
気になっているお母さんたちは、実は結構多くいます。

今回は、幼児の言葉の発達について、
お母さんたちが、気にしている点を挙げながら、解説していきます。

うちの子は言葉が遅れている?

初めてのチェックは、1歳半健診

一番初めに言葉の発達の遅れを
指摘されるケースが多いのが、1歳半健診の時です。

体の大きさだけでなく、
行動や動作にも大きな成長がみられる時期であり、
同時に、言葉や理解力も大きく育つ時期です。

周りの子供たちとの成長の差を、感じ始める時期でもあり、
言葉の遅れに、悩んでしまうお母さんたちは多いのです。

1歳半~2歳の幼児、一般的にはどのくらい話せる?

「あー」や「うー」などの声を発する、0歳の頃から比べ
「まんま」や「ママ」、「パパ」など、意味のある単語を
少しずつ、口にするようになってきます。

また、「いや」「やだ」など、
日常の会話から、覚えやすい言葉を話す子供もいます。

まだまだ、単語のみで話す時期であり、
中には、発音が不明瞭である場合も多くあるため、
はっきりと、聞き取れないようなときも多くあるのが特徴です。

2歳を過ぎると、「ワンワン キタ」などの2語文が、出てきはじめます。

幼児の言葉、発達の遅れの原因は?

幼児の言葉の発達遅れは、早産などで未熟児で生まれた場合や、
刺激の少ない環境で、育ったことなどによる環境的要因、
また、その子の性格によるものなども原因として、大きく影響しており、
大半の場合、その後普通に話せるようになります。

言葉が出ていなくても、大人の言っている単語や文章などを理解していれば、
あとから突然言葉が、あふれだしてくる可能性が高いので、心配ありません。

ただ中には、言葉の遅れに発達障害などが関係している場合や
聴力に問題があるケースもあります。

幼児の言葉、こんな場合は気にした方がいいかも

それは、2歳を過ぎても全く言葉が出てこない場合です。

この場合は、発達に何らかの障害がある可能性があるため、
一度、専門家に診てもらった方が、いいかもしれません。

ただし、気になる様子のあった全員に、障害があるとは限らず、
経過観察となったり、その後急に言葉が出るようになるなど、
問題のないケースも多くあります。

 

幼児の言葉の発達は、人それぞれです。
言葉の発達にの基準は、明確ではなく、
あくまでも環境や正確に、大きく左右されるものですので、
まずは、お子様を大きな愛情で包んであげることが大切です。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page