こどもの苦手な食べ物を克服する方法

LINEで送る

苦手な食べ物を克服こどもには、好き嫌いなく食べ物を食べて欲しいですよね?

しかし、どうしても苦手な食べ物が多いこどもはいます。

幼いこどもの場合、魚や野菜が苦手というケースが多いのではないでしょうか。

嫌いだからといって、ずっと食べずにいたら、栄養が偏ってしまいます。

今回は、こどもの苦手な食べ物を克服する方法を紹介します。

 

気付かれない量の野菜を徐々に増やしていく

こどもに気付かれないように、野菜を細かく切って料理に入れてみましょう。

気付かれない程の野菜の量を、徐々に増やし、野菜の味を強くしていき、

野菜の味に対する耐性を、無意識に身に付けさせると言う狙いです。

苦手なものでも、食べ続けると耐性が身に付き、味覚に慣れて平気になります。

 

肉と一緒に食べさせ慣れさせる

肉は味がかなり強いので、苦手な野菜と大好きな肉を同時に食べさせると、

肉が野菜の味を打ち消してくれ、非常に食べやすいです。

肉はどんな野菜とも一緒に食べれるので、重宝します。

始めの方は肉を多目に、嫌いな野菜を少な目に、少しずつ慣れさせましょう。

また、肉でなくとも好きな食べ物なら何でも大丈夫です。

 

野菜ジュースや青汁で慣れさせる

市販で売っている野菜ジュース、

もしくは、ミキサーに野菜とフルーツをかけて、

自作で野菜ジュースを作って飲ませてみましょう。

また、青汁を牛乳と一緒に飲ませたりするのも良い方法です。

液状なら噛む必要が無いので苦が少なく、慣れやすいです。

 

好き嫌いの多いこどもに対して、気を付けたいことは、

こどもが苦手だからと言って、食卓に出すのをやめてはいけないということです。

嫌いな食べ物の存在自体を消してしまったら、いつまでたっても嫌いなままです。

また、お母さんと一緒に料理を作るというのも良いでしょう。

こどもが、自分でお手伝いして作った料理は、

最初は嫌いでも食べれるようになったり、親子のコミュニケーションにもなります。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page