乳幼児は睡眠が仕事?

LINEで送る

乳幼児の睡眠赤ちゃんの仕事といえば、睡眠やミルクといわれています。
睡眠の必要性や眠れる環境は、大人と似ていると思うのですが、
赤ちゃんが睡眠を必要としているのは、大人の睡眠とどのように違うのでしょうか。
また、赤ちゃんがよく眠れるようになる方法も紹介します。

■赤ちゃんの睡眠時間

生まれたばかりの赤ちゃんは、1日の中心が睡眠で、本当によく眠りますよね。
新生児の赤ちゃんで平均16.3時間、3ヶ月の赤ちゃんで平均12.9時間といわれています。
赤ちゃんの睡眠の特徴は、眠りの浅いレム睡眠が長いということです。そのため、すぐに目を
覚ましてしまいます。レム睡眠の間は夢を見るので、赤ちゃんはたくさん夢を見ていることになります。
特に新生児の赤ちゃんは、昼と夜の区別がつかないので逆転生活がよく起こります。

●赤ちゃんの体内時計

1日は24時間でも、人間の体内時計は1日25時間です。この1時間のずれを私たちは調節しています。
赤ちゃんは最初のうち、調節ができなくて不規則でも、少しずつリズムがついてくるようになります。
生後4ヶ月頃には体内時計ができて、夜にまとまった睡眠が取れるようになってきます。
眠っている間は成長ホルモンが分泌され、脳の発達や骨・筋肉の成長を促します。ですから、赤ちゃんの睡眠の環境を整えてあげるのが大切です。

●赤ちゃんの睡眠環境

赤ちゃんが熟睡できる環境はどのように整えてあげれば良いのでしょうか。
赤ちゃんは想像以上に成長のためにエネルギーを使っているので、睡眠を必要としています。エアコンや加湿器、汗取りシートなど上手に使って眠れる環境を作ってあげてください。

●光

昼と夜の区別をつけるため、朝はしっかりと太陽の光を浴びます。
昼間は真っ暗にせずレースのカーテンやすだれなどで日の光を遮ってお昼寝しましょう。
夜は、大人の環境に合わせないで暗くします。

●温度・湿度

外の気温と4~5℃差になるようにします。快適な温度は18~24℃、湿度は50~60%です。

●ベッド

ベッドは日当たりの良い場所、騒音のないところに置きます。
ベッドは、大人と同じ目線になることや埃や塵から赤ちゃんを守るなどの利点があります。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page