新生児の入浴はどうすればいいの?

LINEで送る

赤ちゃんの入浴一日中、寝ているばかりの新生児の赤ちゃん。
特に、お出かけすることもない時期ですが、
入浴は、毎日必要なのでしょうか。

今回は、新生児の入浴についてご紹介します。

新生児は入浴ではなく沐浴

新生児は、入浴ではなく「沐浴」と言います。
ベビーバスの中に、お湯をためて、
その中で体や頭を洗います。

大人が入る浴槽には、雑菌が多く、
抵抗力の弱い新生児は、まだ、浸かることができません。

1か月検診が、終わるころから、大人と一緒に、入浴できるようになります。

沐浴は、基本的に毎日行う

前述のように、新生児は抵抗力が弱いため、
体についた雑菌を、洗い流す目的で、沐浴を行います。

新生児は、新陳代謝が極めて高いため、
汗や皮脂などがたまりやすく、
毎日、洗い流してあげないと、
皮膚がただれるなど、トラブルにもなりやすいのです。

生まれてすぐには必要がない

生まれてから数日は沐浴を行わない

体力のない、新生児にとって、沐浴は、大変体力を使うものです。

生まれてから数日間、沐浴を行わない理由は、
新生児の体力を、温存するためです。

また、お風呂上がりに、湯冷めをしてしまう危険性から、
体温調整の未熟な、赤ちゃんの体温保持の目的で、
行われないとも言われます。

日本の産院では、赤ちゃんはすぐに沐浴を行わず、
退院までに、沐浴の仕方を教わり、自宅に帰ってから、実践します。

各国の沐浴に対する意識の違い

外国では、日本の沐浴と違う、見解を持つ場合も多いそうです。

オーストラリアでは、沐浴は、毎日、欠かさずするものではなく、
数日に一回程度で、良いと指導されるそうで

アメリカでも、週に2~3回程度、
軽くお湯で流す程度で、良いと指導されるようで、
各国によって、様々な意識の違いが、あることがわかります。

日本の場合、沐浴は、毎日行うことを奨励されますが、
これは日本の夏が、高温多湿であることも、関係あるようです。
各国の文化や、気候によって、
様々な違いがあることは、興味深い事実ですね。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page