赤ちゃんにおしゃぶりはいつから与えたらいいの?

LINEで送る

母親と赤ん坊

育児アイテムの定番であるおしゃぶり。

最近は可愛いデザインのものもたくさん出てきており、

どれにしようか目移りしてしまうほどですね。

今回は、おしゃぶりはいつから与えたらいいのかという

テーマでご紹介します。

そもそも、赤ちゃんにおしゃぶりは必要?

必ずしも必要ではない

 

赤ちゃんのおしゃぶりは、

赤ちゃんが「吸いたい」という欲求を満たすためのものです。

赤ちゃんはお乳を吸うため本能的に何かを吸うことを求めます。

自分で指しゃぶりなどをして落ち着くことができる子もいますが、

人にはそれぞれ個人差がありますから、

それがうまくできない赤ちゃんもいるのです。

そういう赤ちゃんには、おしゃぶりが非常に有効となります。

 

おしゃぶりを使用する適切な時期

使い始めはいつから?

おしゃぶりを使い始める時期として一番多いのが、

『2カ月から4カ月頃』です。

母乳やミルクによる栄養が主なこの時期は、

赤ちゃんの「吸いたい」という欲求が最も旺盛な時期です。

 

どんな時に使う?

特に制限はないので、いつでもおしゃぶりを与えていいでしょう。

公共の乗り物に乗る時など

どうしても静かにする必要があるときや寝入る時など、

赤ちゃんの体調や機嫌に合わせて上手に使ってください。

 

おしゃぶりを与えるときの注意点

 

おしゃぶりを子守代わりにしない

よく、赤ちゃんが泣いたら

すぐにおしゃぶりを与える親たちがいますが、

実はこれは赤ちゃんの発達を妨げてしまうそうです。

おしゃぶりによって口をふさがれると声を出す機会が減り、

意志をあらわしにくくなってしまうというのです。

与え過ぎは情緒が不安定になりやすいそうなのでやめましょう。

 

やめ時はハイハイを始めた時

1歳近くなると、多くの赤ちゃんはハイハイをはじめますが、

おしゃぶりは好奇心旺盛になるこの時期がやめ時。

おしゃぶりに頼らなくても

周りのものに興味を惹かれることで気がまぎれることが多いので、

タイミングを見計らっておしゃぶりを外しましょう。

また、声を大きく出し始めた時もいいタイミングです。

おしゃぶりがあるとどうしても言葉が発しにくくなるので、

言葉の発達を促すためにもこの時にはずすことをおすすめします。

 

いかがでしょうか?

上記のポイントを押さえた上で、

おしゃぶりを正しく活用していきましょう。

 

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page