離乳食~バナナにチャレンジ!~

LINEで送る

離乳食にバナナ離乳食は、幼児を持つお母さんの登竜門です。

一生懸命に考えて作っても、食べてくれないなど、

苦労は絶えませんが、美味しく食べてくれた時の喜びも大きいと思います。

今回は、離乳食にバナナを与える際の注意点や食べさせ方などを紹介していきます。

 

いつからバナナを与えて大丈夫?

バナナは、生後5ヶ月から与えても大丈夫です。

最近では、アレルギーを持っている子供もいるので、

最初は、すりつぶして少量を与え、大丈夫そうなら、

お菓子などにして与えても良いでしょう。

ただ、与える際の注意点として、

バナナのお尻の部分には、農薬が溜まりやすいとされているので、

その部分はしっかりと取り除いてあげましょう。

 

初めてのバナナの食べさせ方

最初は、生でもすりつぶせば大丈夫ですが、

バナナは甘みが強いので、ヨーグルトに混ぜてあげたり、

きなこをまぶしてあげたりするとすると、抵抗なく食べてくれるかも知れません。

また、バナナはレンジで少し温めてあげるとすぐにやわらくなるので、潰しやすくなります。

 

注意すること

バナナは甘みが強いため、初めて食べる子供は、

初めての強い甘みに興奮して、食べ過ぎてしまうことがあります。

しかし、バナナは離乳食を始めたばかりの子供の胃腸に負担が掛かります。

あげすぎに気を付けて、適度なおやつとして与えてあげて下さい。

バナナは栄養満点で、ミラクル・フルーツとも呼ばれるので、

注意点を理解して、離乳食に上手に取り入れてあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page