小学生の時間を有効に使う方法

LINEで送る

小学生の時間あなたのお子さんは、時間を有効に使うことができていますか?
今回は、小学生が時間を有効に使えるようになる方法をご紹介します。

小学生は、進級するにつれ、するべきことが増えていきます。
高学年になってから息切れしてしまわぬよう、小学校低学年のうちに時間の使い方ややりくりの仕方を身につけておく必要があります。
しかし、小学生が自分で時間の使い方をコントロールするのはとても難しいので、親がフォローをしてあげましょう。
子どもの疲れぐあいやモチベーションなど、様子を見ながら、時間の使い方をうまく誘導してあげるとよいでしょう。

●スケジュールの立て方

まず、スケジュールを立てることは、時間を有効に利用する上で非常に大事なことです。
勉強時間、休憩時間、睡眠時間など、きちんとスケジュールを立てて実行することで、時間を大切に使うことができるようになります。

●勉強時間の創り方

勉強時間に関しては、毎日勉強する習慣が必要です。1週間の学習スケジュールをお子さんと相談して作ってみるのがよいでしょう。
このときに注意するポイントは、何時から何時までは勉強するというように時刻で管理すること。
勉強時間を毎日○分というような時間で管理すると、遊びやテレビなどを優先してしまい、勉強をしない日が出てくる可能性もあり、
習慣づけることが難しくなってしまいます。

そうは言っても、スケジュール通りに行動することは大人でも難しいもの。
親心としてはスケジュール通りにお子さんが行動することを期待しますが、気長に見守ってあげてください。

また、お子さんがどのタイミングなら勉強しやすいか考えてみてください。
夕食後や習い事で疲れた後に勉強しようと思っても、眠くて机の前に座っているだけになってしまいます。
時間があれば、学校から帰ってすぐに学習してしまった方が夜はゆっくりできるでしょう。
塾に通わせてみるのも、勉強時間を作る方法の一つです。
家庭で思うように勉強時間が作れない時は、塾に通わせてみるのも良いでしょう。
また、習い事で忙しい場合は、お風呂に入って頭をすっきりさせてから勉強する、など工夫が必要です。

オススメの塾

東京個別指導学院

徹底したカウンセリング面談で最適な個別カリキュラムを組んでくれる、
人気のベネッセグループの個別指導塾。

トライプラス

90万人のお子様を指導した実績のある、家庭教師のトライで有名なトライグループが運営。
問題解決能力の育成に力を入れている個別指導塾。

城南コベッツ

「教室での個別指導」と「教科書に対応した家庭学習」が学習の2本柱と考えている、
+25点の成績保証制度のある個別指導塾。

臨海セミナー

「入試情報センター」という専門部署から充実した進学情報を得ることができ、
やる気を引き出すことに力を入れている集団と個別を両方運営している学習塾。

英才個別学院

地域密着型で生徒の学力や性格に合わせたカリキュラムを組み、
入塾後、3学期以内に+20点を最低保証しているリーズナブルな個別指導塾。 

 

●小学生の勉強時間を習慣づけできる、お勧めテクニック

最後にお勧めな方法として、親が一緒に勉強するのも効果的です。
子どもを勉強させて親がテレビ・パソコンを見ているというのは子どもの心理的には最悪の状況です。
親が勉強している姿を見せることで、子どもは勉強のやる気が起きるのです。
また一緒の行動をすることで、お子様の気持ちも理解しやすくなり、心の面からも勉強をケアしてあげれるようになります。

すぐにスケジュール通りに進めるのは難しいとは思いますが、
これから成長していく子供のためにも、なるべく小学生のうちから時間を有効に使えるようにしてあげてください。

そして、1週間という期間の中でも、勉強をしなくてもよい日(オフの日)を最低1日は作るようにしましょう。
気分転換はモチベーションを継続させるのに、何よりも大事なことだからです。

まずは、子供と楽しみながら、時間の使い方のスケジュールを作ってみてください。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page