小学生の「睡眠時間の理想」と「睡眠障害」について

LINEで送る

小学生の理想的な睡眠時間しっかりと睡眠をとる事は、大人はもちろんの事、子どもにとっても、心の健康において信頼のおける優れたモノです。
不眠症や悪夢、等の普通子どもがなかなか寝付けないのは、心のより深い所に隠されている不安や身体の病気があることの現れです。
子どもの睡眠障害のせいで家庭全体が混乱してしまう可能性もありますよね。

 でも、ここで特別な対処が必要な睡眠障害はほとんどありません。
子ども全体の3分の1以上が、一生のうちで多かれ少なかれ睡眠障害を経験していますが、大体ひとりでに治っている事が多いらしいです。

●小学生の理想の睡眠時間は?

この疑問には一応答えがあります。統計的に8時間54分が理想の睡眠時間とされています。(子供の心の病気・障害の治療ガイド:参照)

 

睡眠時間が少ないとどうなってしまうのか?

少ない睡眠時間ですと、脳の発達が遅れたり、ストレスが溜まって精神的に歪みが出てしまうそうです。
そして、十分な睡眠をとらない小学生は、登校拒否、ひきこもり、アレルギーの発症など様々な障害を起こしやすくなると言われています。
しかし、理想の睡眠時間はありますがこれは統計的な数値であって、実際には人それぞれであることはご存じの通りです。

確かに、一番大切な成長期である小学生時代に睡眠時間が足りないと、後に何か問題が起きそうですが、それは睡眠時間が足りないからというより、十分に睡眠を取れない環境の影響でおかしくなると考えた方が良いみたいです。
小学生の生活は、ほとんど親に管理されていることが多いですし、言われたとおり学校に入って塾に行って宿題をやっているうちに時間が足りなくなるだけです。
また、遊び過ぎて睡眠時間が無くなるということはありそうですが、大人と違い、小学生は生活に影響がでるほど睡眠時間を削ってまでの遊びはあまりしないものです。
睡眠時間や遊ぶ時間を削るくらいなら、普通、勉強時間を削りますよね。

子供の睡眠時間をしっかり確保してあげるのが親としての役目かもしれません。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page