新生児に多い病気ランキング

LINEで送る

新生児の病気新生児がかかりやすい病気を知っていますか?

外出の機会が多くなれば、必然的にウィルス感染も増えていきます。

新生児のうちは、免疫も弱く、病気にかかりやすいため、

予防法と対処法をしっかりと確認して、万一の時に備えましょう。

新生児に多い病気ランキングについて紹介していきます。

 

新生児に多い病気ランキング

1位 突発性発疹

2位 かぜ症候群

3位 水ぼうそう

 

突発性発疹

原因

お母さんからもらった免疫が、新生児の体の中では少なくなる

6カ月過ぎ頃にかかりやすい病気です。

「ヒトヘルペスウィルス」というウィルスの感染で、

赤ちゃんが初めて出会う発熱と言われています。

症状

38度以上の高熱が出ます。3~4日続き、急に下がるのが特徴です。

口の中の扁桃のあたりに小さな発疹ができ、体にも赤い発疹が出てきます。

発疹はしばらくすると、あとも残さずにきれいに治ります。

熱が出て3日目頃は下痢をしたり、発疹が出てから下痢をする事があります。

高熱が出るわりに元気なのが特徴で、

不機嫌にはなりますが、ぐったりすることは少ないようです。

 

かぜ症候群

原因

ウィルス感染ですが、かぜのウィルスは200種類以上あり、

一つのウィルスに対する免疫ができても、また別のウィルスに感染するため、

繰り返しかぜをひいているように見えます。

鼻、咽喉(いんとう)、喉頭(こうとう)などで、炎症が起こるものを「かぜ」と呼びます。

症状

くしゃみ、鼻水・鼻づまり、せき、のどの痛み、発熱が主な症状です。

熱は38度から39度、ときには40度まで上がることもあります。

鼻づまりになると、おっぱいやミルクが十分に飲めなくなり、

熱のために不機嫌になります。

新生児では食欲がなくなり、症状が辛いために不機嫌になります。

軽い場合は1週間ぐらいで治ります。

しかし、炎症が進むと、中耳炎や肺炎などの合併症を起こすことがあるので注意です。

 

水ぼうそう(すいとう)

原因

水痘・帯状疱疹ウィルスの感染

症状

潜伏期間は2~3週間で、痒い発疹が体中に出ます。

とても感染力が強く、水ぼうそうの赤ちゃんがそばにいれば、必ず感染して発病します。

感染する期間は発疹が出てくる前の日から、発疹がかさぶたになるまでです。

熱は出ないこともありますが、出ても38度くらいでしょう。

発疹は胸、背中、お腹、顔、手足、頭髪などに出ます。

口の中、まぶたの近く、肛門や陰部の近くなどの粘膜にもできやすく、

とても痒いのが特徴です。

 

新生児は、免疫力が低いため、

ウィルスによってうつる病気や皮膚の病気が多いようです。

これを機に病気の症状やケア方法をチェックして、

子供の体調の変化に敏感になれるようにしておきましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page