身長を伸ばす食べ物の摂取方法

LINEで送る

身長を伸ばす食べ物あなたは、子供の身長を伸ばすための、

食べ物の摂取方法を考えたことはありますか?

子供の身長が、一番伸びていく時期の一つが、小学生の時期です。

その中でも、1年生と6年生とでは、身長が伸びるスピードは大きく違います。

児童前期(小学校1年生~3年生)と児童後期(小学校4年生~6年生)に分けて、

身長を伸ばすための、食べ物の摂取方法を紹介していきます。

 

児童前期(小学校1年生~3年生)

この3年間は、身長の蓄積時期と言われる時期で、骨を太くする期間です。

幼児期のように、目立って身長が高くなることはなくても、

身長を伸ばすために、子供の食べ物については、きちんと考える必要があります。

幼児期に目立っていた身長の伸びが、一時的に停滞する時期ですが、

この時期にあまり身長が伸びなくても、気にしないようにしましょう。

 

習慣化すべき食事の仕方

子供の身体の成長は、食べ物によって変わります。

身長を伸ばす食べ物に、バランスの良い食事は欠かせません。

基本的な栄養素をバランス良く取りましょう。

 

基本的な栄養素

エネルギー・脂質・タンパク質・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンC・カルシウム・鉄・ナトリウム・植物繊維

を中心に摂取しましょう。

 

児童後期(小学校4年生~6年生)

児童後期になると、思春期に入るので、

男女間、個人間でも発育の差が大きくなります。

特に、女の子の方が思春期の開始が早く、

小学5年生の頃には、身長・体重が、男の子を上回るようになります。

男女共に、身長の伸びる時期で、1年間に平均約6cm伸びていくので、

身長を伸ばすための食べ物をしっかりと摂取しましょう。

 

習慣化すべき食事の仕方

 

児童後期より、食べる量が増加していきます。

お腹を満たすだけの食事ではなく 栄養にも気を配りましょう。

家庭での、朝・夜での食事が、不足・不規則になると

間食をしてしまったり、朝食を取らなくなってしまう原因になります。

身長を伸ばすためにも、バランス良く、必要な食事量を摂取するようにしましょう。

また、見た目の問題で、無理なダイエットを試みる子もいますが、

この時期の無理なダイエットは、一生の骨量・骨密度に影響が出るので控えましょう。

 

必要な栄養素

基本的な栄養素の中でも、カルシウム・鉄分・ビタミンC・食物繊維の量を多めに摂取しましょう。

 

子供の身長を伸ばすためには、

バランス良く食べ物を摂取することが、一番大切です。

食べ物の好き嫌いが原因で、偏食になってしまわぬよう、

工夫をしながら、子供の食事について考えてみて下さい。

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page