小学生がサッカーをするときはどんな練習をすればいいの?

LINEで送る

少年が犬とサッカーをしている昔に比べ、サッカーの人気が高まっている現代では、
サッカーを習いたいという子どもや、
子どもにサッカーを習わせたいという親たちが、非常に増えています。

小学生の時に、やっておいたほうが良い、
一般的な練習方法と、練習時間についてご紹介します。

サッカーで必要な蹴り方と練習方法は?

基本的な練習では、インサイドキックと、
インステップキックの練習が、挙げられます。

まず、パスを正確に出すために、インサイドキックを覚えます。
インサイドパスとは、足の内側で蹴る方法で、
ボールに当てる面が広いので、正確に蹴ることができます。
これは、一番の基本となる蹴り方なので、しっかりと練習しましょう。

次は、力強いシュートができる、インステップキックです。
インステップキックとは、つま先を地面に引っ掛けないように、
足の甲に深く当てるキックです。

この蹴り方も、基本となる蹴り方なので、沢山練習して、
強いシュートが、蹴れるようにしましょう。

この2種類のキックは、非常に重要なので、
友達と一緒に蹴って練習したり、壁などを使って練習します。

他の練習では、持久力をつけるためのランニングや、
柔軟性を、向上させるためのストレッチなどの他、
ドリブルなど、基本的な動きを、繰り返し行います。

また、サッカークラブなどに入って、
短時間の少人数のゲームなど、実践の動きも、練習するようにしましょう。

一日の練習時間の平均は?

  • 小学校【低学年】 約1時間
  • 小学校【中学年】 約1-2時間
  • 小学校【高学年】 約2-3時間

子どもの成長によって、体力に差が出てくるので、
練習時間も、学年によって変わってきます。

サッカークラブではいつ練習するの?

基本的には、週末にも練習が行われます。

午前や午後など、半日間で行われることが、一般的ですが、
土曜や日曜には、練習試合をすることも多く、
その場合は、丸一日拘束されることも珍しくありません。

サッカーが盛んなスペインの子供たちの練習時間は?

スペインの子供の練習時間は、日本より少ないです。

サッカー大国として、知られるスペインの子供たちには、
サッカーをしている子供がとても多く、チームも多数存在しますが、
彼らの練習時間は、一度につき、約1時間半程度です。

日本の子供たちの、練習時間に比べると、その半分程度です。

 

小学生の子供たちに、大人気の少年サッカー。
これから、わが子を少年サッカーに入れようと
考えている親御さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page