小学校と中学校の授業の違いは?

LINEで送る

学校小学校と中学校の授業、どのような違いがあるか皆さんはご存じですか?

実は結構な違いがあるんです。その違いを知っておくと、

実は中学校での成績に、差が出てくるんです。

今回はそんな小学校と中学校の授業の違いについてご紹介します。

基本的には授業時間が長くなる

小学校の授業は、通常40分程度のところが多いですが、

中学校に入ると授業が50分~60分と、長くなることが殆どです。

たったそれだけの違い?と思うかもしれませんが、

子どもにとっての10分は案外長い時間なのです。

なので、まずは60分集中して勉強出来るように、慣れさせておく必要があるでしょう。

 

宿題が少なくなる

子どもにとっては朗報かも知れませんが、実は大きな落とし穴が・・・

中学校に入って、成績に大きく差が出るのは、この点が大きく関係しています。

宿題が少なくなったからと、遊んでしまう子と、逆に宿題がないから自分で勉強しよう!

と考えている子とでは、当然学習に差が生まれてしまいます。

そうならない為にも、小学生のうちから、子どもに自宅で勉強する習慣をつけさせましょう。

 

各教科の担当の先生がいる

小学校では、担任の先生が殆どの科目を担当しますが、

中学校では、各教科ごとに先生が分かれています。

小学校時代の授業中は、慣れ親しんだ担任の先生なので、

質問もどんどん出来たかも知れませんが、中学校ではそうはいきません。

わからないところをそのままにさせないようにしましょう。

 

教科が増える

小学校ではなかった、英語などの教科が増えます。

他でも算数が数学になったりと、苦労しているのに、新しい教科が増えるということは、

想像以上に子どもにとって大きな負担になります。

少しずつでも小学校の時から英語などに親しんでおくと、

スムーズに勉強出来るでしょう。

小学校と中学校の授業では、少し挙げただけでもこれだけの違いがあります。

 

これらの違いに混乱してしまわないように、塾に通わせてあげると、

入学してから、よいスタートダッシュが決められるかも知れませんね。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page