小学生の子供にしつけをするときのポイント

LINEで送る

小学生の子供にしつけ思春期に見られる、色々な問題行動の芽は、

後で辿ってみると、小学生の時、

特に低学年・中学年の時期に潜んでいることが多いようです。

それだけに、小学生というこの成長期に、基本的なしつけをしていくことが必要です。

今回は、小学生の子供のしつけのポイントを紹介します。

 

リズムある家庭生活

この時期は、生活の場も広がり、様々な欲求や能力が発達します。

そこで、いろいろな刺激に目や心を奪われ、生活のリズムを崩しがちになります。

食事と起床・就寝の時間を生活時間のポイントとして押さえ、

遊びや運動、学習、休息のバランスのとれた、

けじめのある生活が習慣として定着できるよう援助することが大切です。

 

社会のルールとマナー

子供自身に礼儀の意義を自覚させ、

礼儀を身につけさせるには、

小学校低・中学年が最も望ましいと考えられます。

小学校低学年では、あいさつがはっきり言えることから、

自己表現の第一歩が始まります。

子供のあいさつに、大人も適切に対応するように留意することが大切です。

人前での不快な振る舞い、粗野な言葉遣い、間違った言葉遣いなどは、

大人が身をもって教えなければ、なかなか気がつかないのがこの年代です。

 

バランスのとれた食生活

最近、子供達の食生活の乱れとして、

「朝の欠食」及び「孤食の増加」等が問題としてあがってきています。

朝食をとらない場合には、

脳を働かせるためのエネルギーが不足し、

倦怠感や集中力の低下、

また、イライラして落ちつかないといったような、

情緒不安定の状態が生じることがあります。

また、現代は、食べたい時に、

いつでも何でも買い求めることができるので、

過食や偏食による栄養摂取のバランスの崩れも出てきています。

家族そろって食卓を囲み、

手作りのバランスのとれた食事が楽しくできるようにしましょう。

 

小学生の子供に、

注意や叱ったりするときに納得してもらうには、

親子の信頼関係が必要不可欠です。

なので、子供のしつけをするときは、

まず子どもを信頼し、その自発性を尊重して接することが一番大切です。

この時期に、親に厳しく言われたことは、

生涯心に残るものなので、

小学生のときは特に、子供のことを考えて、

しっかりしつけをしてあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page