中学生に起こりやすい成長痛の原因と対処法

LINEで送る

中学生の成長痛

成長痛とは、主にスポーツや過度の運動が原因で起こる膝の障害です。

簡単に言ってしまえば、ただの膝の使い過ぎです。

小学校高学年から見られるようになり、特に中学生に起こりやすいです。

今回は、原因と対策を紹介していきます。

 

成長痛とは?

膝のお皿の下にある脛骨結節という所が、過度に使用されることによって、

炎症を引き起こしてしまい、骨が出っ張り、激しい痛みを発生させるのです。

特にバスケやバレー・サッカーなど、

激しくジャンプやキックなどの動きを繰り返す環境にある子供や、

骨の成長が著しい10~15才くらいの子供に多く起こる障害です。

昔よく行なわれていた「うさぎ跳び」を最近見なくなったのは、

成長痛を引き起こしてしまうためです。

 

成長痛が現れたら

成長痛の治療には、走ったり、飛んだりしないよう運動を控える必要があります。

初期の痛みの間は、とにかく安静にし、鍼治療などで筋疲労を取るのも効果的です。

痛みが軽減してきたら、ストレッチなどを行い再発を防ぐようにしましょう。

 

成長痛から腰痛の発生へ

また中学生には、成長痛が原因で腰痛になることもあります。

疲れ、準備運動不足、運動の強度など、原因は様々ありますが、

ほとんどは数日の間、運動を軽減することで軽快します。

予防やリハビリのために、ストレッチを中心とした、軽い柔軟体操が効果的です。

痛みが軽減したら、腰筋・腹筋の強化を行っていくと良いでしょう。

何よりも、無理をしないことが重要です。

 

痛みは体からのメッセージ

我慢することなく、早急に病院へ行きましょう。

医師から、筋肉や骨などに異常もなく、成長痛と診断されれば問題ないですが、

自分の判断で成長痛と決めつけてはいけません。

なかなか痛みが消えずに、痛みが長期間続く場合には、違う病気の可能性もあります。

必ず病院での診察や検査は受けるようにして下さい

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page