子供の野菜嫌い克服法

LINEで送る

野菜嫌いの克服法子供の野菜嫌いは親が頭を悩ませる問題ですね。
どうしたら食べてくれるのかと毎日悪戦苦闘することでしょう。
子供の嫌いな野菜によく名前が出るものは、それぞれの好みの違いが反映され
極端に好き嫌いが分かれます。どうしたら克服できるでしょうか?

子供が嫌いになる野菜

■苦味が強い→ピーマン・セロリなど
■刺激(辛み)が強い→タマネギ・ネギなど
■ニオイが嫌い→ニンンク・ニラなど
■クセのある食感や見た目→ナス・トマトなど

野菜を食べてもらうには「塩味・甘味・うまみ」という部分を増やし
いかに子供の好む味に仕上げるかがポイントです。
また野菜を食べたことがないために、なんとなく嫌いだという理由もあり
家庭での野菜料理が少なかったり、家族が野菜嫌いという理由から「食べず嫌い」も増加しています。

野菜嫌いの克服法

■野菜をお菓子やケーキ化して食べさせる
野菜は嫌いでも、お菓子は好きな子供は多いでしょう。
そのため野菜を使ったお菓子を作ることもオススメです。
野菜の持つ甘みを生かして、野菜チップスやケーキなどを作るのです。
砂糖を使わなくても美味しく作れるので、進んで食べられるようになるでしょう。

■親がすすんで野菜を食べる
子供の影響は親からです。親がよく食べるものが食卓に並ぶわけですので
「野菜を食べなさい」と言う割に親自身が食べない人も多く、それでは説得力がありません。
まずは親がよく野菜を食べ、美味しさを伝える姿を見せていきましょう。

■罰を与えたりしない
「○○を食べないとおやつなし」という教育をする親もいると思いますが、これはNGです。
叱られたり罰を受けたりしたことを、この時期の子供は強く記憶に残る傾向があります。
嫌な思い出になってしまうことで、野菜だけではなく
「食べる」という自体を毛嫌いしてしまうこともありえます。
「食べたら嬉しい」「残すと悲しい」という感情面を伝えていく方がベターです。

■野菜を見えなくさせる
嫌いな野菜の形や色は、苦手意識からどうしても覚えてしまうものです。
小さくしても避けたり残したりするので、わからないように「見えなくさせる」ことは重要です。
すりおろしたり混ぜ込んでみたりする調理法を最大限利用しましょう。
その調理法は野菜丸ごとの栄養が取れたり消化吸収にも良いメリットがあります。

こんな野菜嫌いの克服法も!?

■友達と一緒に食事をする
野菜嫌いになる理由として、野菜を食べた時の良くない経験を引きずることから始まります。
そのため、友達と一緒に食事をした時に、その子が野菜をおいしそうにもりもり食べているのを見て
自分も野菜を食べてみたら案外食べられるようになり
それ以降嫌いだった野菜が食べられるようになったという話もあるのです。

大人になっても多少の好き嫌いがありますから、全ての野菜を「大好き」になる必要はありません。
あくまでも徐々に慣れさせていくという考えも持ちましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page