野菜嫌いな子供

LINEで送る

野菜嫌いな子供あなたの子供は、野菜嫌いですか?

幼い頃は、ピーマンやネギなど、

野菜が嫌いな子供が多いと思います。

自分自身が幼い頃も、

学校の給食などで、嫌いなメニューがあったのではないでしょうか?

今回は、そんな野菜嫌いについて紹介します。

 

子供に嫌われる野菜

子供の嫌いな野菜の特徴は、

苦味が強い(ピーマン・ゴーヤー(ニガウリ)・セロリなど)、

刺激が強い(玉葱・ネギ類など)、

ニオイが強い(にんにく・ニラなど)といった特徴があります。

嫌いな野菜に名前が上がる野菜は、「好き」という意見と、「嫌い」という意見が、

極端に別れるケースも多く、人それぞれの好みの違いが反映されています。

それでも、アクの強いもの、クセのあるニオイや味のもの、

食感や見た目の特徴から、子供が嫌いになってしまう理由は様々です。

 

野菜不足による心身への影響

野菜不足の影響で、始めにでる症状は、肌荒れや便秘です。

野菜には、食物繊維が多く含まれているので、

食物繊維が少ないとお通じが悪くなり、

お通じが悪くなれば、ニキビや肌荒れになります。

腸の環境も悪くなり、腸の働きが弱ると、

免疫力が低下し、風邪にかかりやすくなります。

また、精神面にも影響すると言われています。

最近では、情緒不安定の子供が増えていると言われていますが、

その原因として、ビタミンやミネラルの不足があげられます。

ビタミンやミネラルが不足することにより、

脳の働きが悪くなり、ストレスを感じやすく、

気分の浮き沈みが激しくなります。

また、野菜に含まれている「葉酸」の摂取量が少ないと、

鬱に繋がるとも言われています。

つまり、野菜が嫌いな子供はストレスを溜めやすく、

短気で、情緒不安定になりやすいのです。

 

野菜を食べさせるには

野菜の形、味、匂いをわからなくすることが基本です。

 

・苦味 (ピーマン、セロリなど) 苦味を感じさせないよう、火を通したり、好きなものを組み合わせる

・刺激 (ネギ類など)      火を通すと柔らかく甘くなるため、美味しく食べられる

・匂い (にんにく、ニラなど)  料理して魅力的な美味しさを発揮することを理解させる

 

特におすすめなのが、

手間なく、簡単に作れる料理、コンソメスープです。

数種類の野菜を煮込むだけの簡単レシピで、

色んな味が出て美味しく、

野菜嫌いの子供でも満足してくれるはずです。

野菜が嫌いな子供でも、

親が工夫して、美味しく野菜が食べられるようにしてあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page