幼児がインフルエンザにかかったら

LINEで送る

幼児がインフルエンザがかかったら毎年この季節になると話題になるインフルエンザ。
大人でもかかると辛いのに、子供の小さい体にはもっと負担がかかりかわいそうですよね。
今回は、インフルエンザの予防と治療法についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

■インフルエンザって?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。
インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。
普通の風邪よりも急激に発症し、症状が重いのが特徴で、感染すると1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。

●インフルエンザの特徴

インフルエンザに感染すると、以下のような症状がでます。
①潜伏期間 …1~3日、早ければ24時間以内に発症することもあるようです。
②感染経路 … おもに飛沫感染によって感染します。
③発症 … 急激に38℃以上の高熱が出る(比較的、体温の低い朝から高熱だったら要注意です)
④症状 … 悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰など風邪に似た症状がでます。症状は風邪よりも重いです。
⑤療養期間 …一週間程度の休養が必要です。

 

さらに、小児では熱性痙攣(ねつせいけいれん)といって、発熱に伴って痙攣発作を起こす事があります。
しかし、熱を下げようと解熱剤を使うとかえってインフルエンザ脳症という、インフルエンザになった乳幼児に起こり得る最も重い合併症です。
発熱から24時間以内に、痙攣や意識障害などがおきるのが特徴で、6歳以下では死亡したり、後遺症がのこることがあります。

子どもに痙攣や意識障害が起きたら、必ず医師に伝えましょう。
治療が早ければ、他の病気同様インフルエンザ脳症の治癒率は高まります。

●インフルエンザの予防法

①ワクチンの接種
流行シーズンを迎える前の11月ごろの接種をおすすめします。
費用は、自己負担で、1回/約3000~5000円程度です。

②うがい・手洗い・マスク着用
インフルエンザは飛沫感染します。マスクも立体型の顔の形に合うものを選んですっぽり鼻までガードしましょう。

③温度20度以上、湿度50%以上に保ちましょう
ウイルスは低温・低湿だと空気中にふわふわと浮いています。
室温が20度以上、湿度50%以上になるとほとんどのウイルスは死滅します。

 

インフルエンザの予防は風邪対策とあまりかわらないので、基本のうがい・手洗いはしっかりさせましょう。
また大人の方も、睡眠不足、過労、不摂生は身体の免疫力を低下させるので、ほどほどにしましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page