幼稚園受験のテストってどんなもの?

LINEで送る

test

幼稚園テストの内容

幼稚園の入試テストは実に多岐に渡り、分類すると大きく筆記テスト・面接・身体能力テストにわかれます。
学校によってテストの形式が違うので、志望校の試験内容については詳しく調べる必要があります。

幼稚園受験のテスト内容は、一般には公表されていないことが多いので、受験情報誌や、インターネット等で過去問を調べてみましょう。
幼児教室に通っているのであれば、先生方は過去の在籍児からの情報でかなり詳しいものを持っているので、教えてもらうのが良いでしょう。

■幼稚園受験の筆記テストとは

幼稚園の筆記テストは、主に図形や数量・記憶・推理・常識・言葉などのジャンルからの出題が比較的多いようです。
幼稚園によって出題傾向は違うので、しっかりと情報を得てから勉強するようにしましょう。
また、最近の幼稚園受験のテストでは、文字をかせるようなものばかりではなく、
録音された質問をテープで流して答えさせたり、テープの指示に従って行動ができるかというものもあります。
これは、年齢に相応しい知識を身につけているかどうかを判断するためのものです。
このように幼稚園受験の筆記テストはいろいろな形があり、
合格するには、広く浅く幅広いジャンルに触れさせておくのが効果的だと言われています。

■面接で大切なポイント

面接では、挨拶がきちんと出来るのか、行儀良くしていられるか、等が観察されているようです。
その他、集中力や生活態度、コミュニケーション能力等も重用なポイントとなっています。
ここで大切なのは、子供は正直なので、家庭での大人の言葉遣いをそのまま真似してしまうということです。
普段から「正しい生活習慣」や「礼儀」を教えておく必要があります。

面接は「子供よりも親の試験」とも言われるくらい、保護者の印象・振る舞いも大きく影響する事もあるようです。
普段から教える際にも、自分の振る舞いが正しいか考えて教えていきましょう。

■最近の身体能力テストの傾向

最近では、子供の習い事としても人気のある「リトミック」を課題に取り入れている所もあるようです。
「リトミック」は音楽に合わせて手遊びをさせたり、リズムを聞いて、自分が感じたように体全体で自由に表現します。
普段から、日常の中に音楽を取り入れたり、いろんな運動に親しみをもてるように工夫をしてあげるとよいでしょう。
親しみを持たせることで、「チャレンジしようとする姿勢」や「好奇心」も育むことが出来ます。

幼稚園入試のテストでは、普段と違う環境の中で、
いつも通りのことが出来るようにするために、生活の中で習慣づけることが必要です。
子供が楽しんで勉強できるように、遊びの延長で勉強させたり、勉強の時間を毎日の日常生活の中で作ってあげましょう。

そして、ちょっとでもいいところがあればできるだけ褒めてあげ、本人の気分を盛り上げて、親子で楽しみながら、幼稚園受験のテスト対策に
取り組みましょう。

 

■幼稚園受験に向けた幼児教室

家庭以外でも、子供の教育できる場所を増やしてみませんか?
幼児教室で早期教育に取り組む事で、子供もより成長できるでしょう。

おすすめの塾

学研教室の資料請求はこちらから

 

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page