幼児へのひらがなの教え方

LINEで送る

幼児へのひらがなあなたは、幼児へのひらがなの教え方で悩んでいませんか?

小学校に入る前までに、ひらがなとカタカナは、

書けるようにしておきたいという方がほとんどだと思います。

しかし、子供が勉強を嫌がるなど、教えるのが難しい事もあります。

幼児へのひらがなを教え方について、紹介していきます。

 ゲーム感覚で覚えさせる

いざ、幼児にひらがなを教えるために、

ひらがな表などを持ち出しても、子供が興味を持たない事があります。

まずは、幼児が興味や関心を持つようにしてあげましょう。 

物の名称と一緒に教えよう

てれび・つくえ・いす・すいっち・げんかん・といれ・かいだん・おふろ・きっちん

子供のそばにいつもあり、よく利用するものに、

紙で名称を書き、直接貼り付けてみましょう。

「これは、【てれび】だよ」などと、教えながら覚えさせる事で、

ひらがなも物の名称も覚えられて、一石二鳥です。

そのうち、自分から探し出し読み出し始めるでしょう。

教え方のポイントは、間違えてもいいので、

どんどん答えさせる事です。

「これはなに?」と、次々に質問していきましょう。

例え、幼児には難しい名称であっても教えましょう。

物の意味は理解できなくても、ひらがなは読めるようになります。

親としての対応方法

何度も繰り返しましょう

幼児は、同じ遊びを何度もしたり、

繰り返される事を好む傾向があります。

ひらがなを教える時も繰り返してあげましょう。

また、段々と慣れていく事で、理解のスピードが上がりますので、

その時は、褒めてあげましょう。

 褒め方には注意

「偉いね」と褒めるよりも、

「理解がすごく速くなった」と驚きながら褒めてあげましょう。

子供は、自分がした事で、親が驚き、喜ぶ姿を見る事で、

子供の脳が、心地よさを感じます。

子供にやる気を起こさせる原動力になります。

飽きたら翌日に

幼児期は、同じ物事を長くは続けられません。

10分もすれば、飽きてしまうでしょう。

その場合は、そこで教えるのをやめて、翌日に行うようにしましょう。

長時間無理にやらせたり、焦ってイライラする姿を見せると、

子供のやる気を消失させてしまいます。

お母さん自身の気持ちも、切り替えるのがコツです。

気長に楽しむ気持ちを忘れないで下さい。

塾に通わせてみる

やはり塾の先生は子供の教え方がとても上手です。

家庭だけでは、なかなか身につかないと感じたら、

塾も考えてみてはいかがですか? 

おすすめの幼児教室

この中でも、特に学研教室は、費用も安く、教室数も多く、
ご自宅の近くの教室を探すことができるのでおすすめです。

是非一度、こちらの資料を見てみてはいかがでしょうか。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page