幼児の頃からの運動は必須です

LINEで送る

幼児期からの運動運動のできる、できないは遺伝で決まるように思われがちですが、遺伝的な要素が大半を規定されてしまう動物とは違い、人の運動神経の発達は環境などの後天的要素に大きく影響を受けます。
幼児期に運動が好きになる、得意になることによって体を動かす基礎が作られ、
後の運動面での発達に大きく影響します。

■幼児が運動が好きになる、得意になるには

幼児は基本的に楽しいことを好ます。
楽しいことにより様々な事をどんどん学習していきます。
楽しく遊ぶ力が幼児の運動能力をつける基礎になるのです。
幼児期の様々な運動により、自分の体を自由にコントロールできるようにし、
自己表現ができるようになると将来運動能力に優れた人になるでしょう。

運動嫌いの子に対してはどのように考えてあげればよいのでしょうか?

運動を嫌がっている子に対して強引に運動させようとすることは運動嫌いにさせる原因になります。
運動嫌いの子は運動に対しての自信がなく、失敗を恐れて積極的な行動に移せずにいますので、
まずはやってみよう、という気持ちを引き出してあげることが大切です。
健全な精神は健全な肉体に宿るといいます。
健全な肉体を作るのには運動が不可欠なのです。
運動を通して得られる事は健全な精神を育てるのに 重要な役割を持っています。

心と体のバランス

昔から心と体は一体であり、とても関係の深いものであるという認識がありました。
日本の国技である柔道などでも 「心・技・体」の考えが核となっており、
肉体と精神の重要な関わりを示してます。
幼児教育でも知能(IQ)、心の知能(EQ)、体の能力(PQ)の三つがバランス良く成長することで、
健全で能力のある人物に成長するという考えが中心になっています。
知能の発達ばかり重要視されている傾向にありますが、運動面や心の教育もバランス良く
成長させることで、人として素敵な未来を切り開いていけるように考えてあげましょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page