幼児の虫歯の原因になりやすいこと

LINEで送る

幼児の虫歯幼児の虫歯の主な原因は、

「糖分の摂取」「糖分の口内停滞」「歯垢の残り」です。

糖分自体は、子供の成長や健康にかかせない栄養素ですが、

虫歯には、充分に注意する必要があります。

虫歯の予防には、糖分の摂取方法の見直しと、食後の歯磨きが大切です。

今回は、幼児の虫歯の原因と対策について、紹介していきます。

 

糖分は虫歯のもと

口内に糖分を取り込むと、

まず、細菌が口内で酸を作り始めます。

その酸が、歯の表面のエナメル質を、徐々に溶かしていく事で、虫歯になります。

特に、甘いお菓子やジュースを、ずっと食べているなど、

口の中に、糖分がある時間が長くなると、虫歯になる危険性が高いです。

これは、口内を酸性から中性に戻すという、 

唾液の緩衝作用を弱めてしまう事が原因です。

間食を減らすと、唾液に含まれるカルシウムやリン酸によって、

歯の再石灰化が進み、軽い虫歯は修復できるので、虫歯予防にもなります。

 

スポーツ飲料はほどほどに

近年は、幼児の虫歯は減少傾向にあります。

しかし、もともと下の前歯は、虫歯になりにくいと言われてたのですが、

下の前歯の虫歯に関しては、年々増加傾向になってきています。

原因の1つとして、スポーツ飲料の飲み過ぎだと言われています。

スポーツ飲料は、体の水分に非常に近く、吸収されやすいため、

運動後や病気など、水分が急激に奪われた時は、とても効果的なのですが、

飲みやすくするために、大量の糖分を含んでいます。

普段から、喉が渇いた時に飲ませていたり、

水がわりに飲んでいたりしているのなら、注意が必要です。

幼児の肥満など、虫歯以外の影響も考えられます。

 

おやつをあげる時のポイント

おやつをあげる時は、糖分の少ない飲み物にしましょう。

幼児におやつをあげる事は、栄養を考えた上で、補助食として必要です。

ただ、いつまでも口の中に糖分を残すのは禁物です。

おやつの時間をしっかりと決めて、食べさせてあげましょう。

ポイントとしては、甘い物を食べさせる時は、

糖分の少ない飲み物を飲ませる事です。

口内の、糖分を少しだけ洗浄してくれる効果があります。

 

歯磨きは忘れずに

食後の歯磨きは、虫歯の予防では一番大切な事です。

歯を磨いてあげる時は、歯垢をきれいに取り除くという意識しましょう。

歯垢に色を付けてくれる歯垢顕示液を使用すると、

歯垢がどの部分に多いのかなど、

きちんと歯を磨けているのかの確認ができるので、

たまに、歯磨きのチェックをしてみるのも良いと思います。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page