幼児期の遊びを大切に

LINEで送る

幼児期の遊びを大切に皆さんは「遊び」と聞くとどんなイメージを持ちますか?

「遊んでばかりいないで勉強しなさい」

とついつい口を尖らせてしまうお母さん。

そんな家庭が目に浮かびませんか?

幼児期、特に小学生に上がるまでは、遊びは子供にとって「学ぶ」ことと同義なのです。

おにごっこ、鉄棒、なわとびなどの、体を使って運動する遊びも、

おままごと、粘土、おえかきなどの、想像力を使う遊びも、

全部貴重な学習素材です。

 

遊びは心身を健やかに育みます

たとえば黙々と積み木をしている子供の寡黙な姿を見ると、

無口な子になってしまうのではないかと心配して、

声をかけてしまいがちですが、一人遊びは大切な時間です。

夢中になっている時間は、集中力もそれだけ高まっています。

学習にも絶えず集中力が必要になってきますよね?

遊びが勉強の基盤になっていくのです。

一人で集中して遊んでいる時は、なるべくそっと見守ってあげましょう。

 

友達との交流で学んでいきます

集団で遊ぶ事も、成長の手助けになります。

友達(自分ではない他者)と遊ぶ事で、

ルールを守る事や、譲り合う事を知り、協調性が育てられます。

社会に出てから、必要とされるコミニケーション能力を得る手掛かりになる事はもちろん、

自分とは異なる、思考・感情を持った他者と触れ合う刺激は、人間性に強く影響していきます。

子供のうちに、友達と喧嘩して、ぶつかりあって、ときどき失敗して転んでおくと、

大きくなってから転んでも痛くありません。幼児期の経験は今後の糧となります。

 

子供が自分から楽しんで遊ぶ事が大切です

大人は子供がのめり込める遊びを提供し、見守る事が大切です。

「こんな遊びがあるよ、楽しいよ」と教えたら、後は自由に任せてあげましょう。

子供が主体性を持つことで、自発的に行動出来るようになります。

自分から「やりたい」と意欲を出せる人間に成長していくでしょう。

「自分で取り組むようになる能動的な姿勢」は、

将来の学習において心強い味方になってくれるはずです。

 

外を駆け回って、怪我をして体の動かし方を覚え、

ごっこ遊びで、人と力を合わせて物を生み出す楽しさを知り、

喧嘩をして他者の心を感じ、

そうした遊びを通じて、人間そのものを学んでいくでしょう。

 

 

見なきゃ損する!!あなたに絶対オススメブログ一覧

 

お母さんなら絶対気になってしまう、簡単2分診断テスト

Facebookページで「いいね!」

育児ブログの更新情報などをお届けしています!みなさまの「いいね!」のおかげで、育児ブログを運営する事が出来ているので、これからも応援よろしくお願いします!

 


【めざましテレビで紹介されました】日本最大級の学習塾検索サイト

http://www.jnavi.jp/

http://www.jnavi.jp/

育児ブログの購読にはRSSとTWITTERが便利です

育児ブログの更新情報をRSSとTwitterでお届けしています!
見逃したくない方は、是非フォローして下さい!

 

 RSSリーダーで購読する       

 


Return to top of page